日本葬送文化学会

私が所属している日本唯一の葬儀をまじめに勉強している団体、「日本葬送文化学会」の総会が明日、上野の東京文化会館で行われる。

最近は常任理事としてまともに出席するようになり、私が持つICTの知識でこの学会の運営や参加を楽にするとは言わないが、多くに知ってもらうように心がけている。
ここは、「日本葬送文化学会」になる前に「葬送文化研究会」と名乗っていて、我々は通称「葬文研」と呼んでいて、未だにその名残があり、仲間内では「葬文研」と呼んでいる。

その学会が、来年30周年を迎えることになり、今年度の予算で運営する予定だ。
どこで何をするかはまだ決まっていないが、1月ころにイベントを開催したいみたいなので、今から動いておかないと大変なことになりそうだ。

この21世紀の葬儀文化には何が必要か、そして何が不要か改めて考える必要がある。
今までは文化を研究することは過去しか見なかったが、これからどう進めたいか考えることが大切であり、それが我々一人ひとりの常任理事の課題でもある。

カテゴリー: 学術 | タグ: , , , , , , | コメントする

高橋社長を紹介して既に2年以上も経ちました

私が、FCCJにて 翔飛工業の高橋社長とお会いして、既に2年半近く経ってます。
その時に、アルファネットコンサルティングの原田社長とも。
その後、高橋社長はヒートアイランド現象を瓦を利用し削減するプロジェクトも本格的に始めました。そして、我が家の施工を足掛かりに関東に地盤を築き上げました。
これが当時、我が家の施工しているところです。

2013-07-28 14.56.02

この施工によってコンクリートの表面温度が5度〜7度ほど下がります。
この細かく砕いた瓦の塗装を均一に分布するだけでかなり変わります。

2013-07-29 16.08.27

更にこの写真、これはコテでもっと粗く砕いた瓦を特殊樹脂に混ぜて表面を埋めてます。これにて、雨が降った時、水が貯まり水打ち現象が発生します。
色の違う瓦を使えば色々な色が出来ます。

2013-07-29 16.48.03葬儀場の駐車場にこの施工をすることで、照り返しがなくなり、蒸し暑さを軽減できます。皆さんもいかがでしょうか?

カテゴリー: フォローアップ, 客人 | タグ: , , | コメントする

皇后さま ベルギー元王妃のご葬儀へ参列

お忙しいなか、皇后さまがベルギー元王妃のご葬儀へ参列

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141209/k10013826941000.html

 

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

遺体ホテル

数日前に、フジテレビで話題として上げられてました。
例の川崎市の遺体安置所で住民が反対していること。

色々と意見はあります。
しかし、よく考えていただきたいです。
皆さんの家族が亡くなられて、どちらへ安置されますか?
自宅は狭い、整理されていない、置く場所がないなどで斎場とか安置するしかない場合、どうされますか?
本来、こう言う場所(モルグ)で安置するしかないのです。

私から見たら、「遺体ホテル」って言うネーミングが痛いですわ。
格好つけたいのなら、モルグでもレイアンでもいいじゃない。
「遺体」と「ホテル」ってつけるから誰でも忌み嫌う名前になってしまうのでは?
それにホテルですと誰でも宿泊(置き去りに)出来るイメージも想像できます。

カテゴリー: 霊安室, POI | コメントする

あなたが亡くなったら遺体はどこに保管される?

神奈川新聞の本日(8/1)の記事で興味深いことを書かれていました
今の社会に影響することです。
我々は既に少子高齢化社会に生きていながら、その最後のことを無視し続けている。そしてその先送りがどこかに歪が出来ていて、亡くなった人の帰る場所がなくなる。

保管所を否定されるなら、自分ちへ置けば良い。
それが出来ないから保管所が必要となります。
遺体が戻れないなら道端に捨てていくのはどうか?
戻れる場所がないから、その人の自宅、それも玄関前に置いていくしかないと言うのが極論ではあるが、解決方法なんでしょう。

新聞社の記事は消えてしまうのでここに引用させて頂きます

http://www.kanaloco.jp/article/75565/cms_id/94297

川崎で遺体保管所めぐり論争 超高齢化社会の隠れた課題表面化

続きを読む

引用 | 投稿日: 投稿者: | 1件のコメント

Yahooが死後の対応

本日(2014/07/15)の朝日新聞朝刊にこんな記事が掲載されていた。

朝日新聞朝刊 20140715

さて、この記事だが、マジにこれでおカネを取るのね?って言うところだ。
まずは葬儀屋さんに火葬許可証をYahooへ送る。
確かに葬儀屋さんが火葬許可証を火葬の日まで管理している。
なのでこれは正しい判断だろうが、果たして葬儀屋さんがどこに送っている(ファクスしているか)わからないところに大事な火葬許可証を送るか?

もし送ったとしても、手間賃の問題もある。それは有料にするか無料にするかは葬儀屋さん次第だが、正直なところそんなのは遺族がやって欲しい。Facebookみたいに削除するのではなく、ロックする方が良いかな。
Yahooは月々の管理費を取っている。
葬儀屋さんには美味しくないのでやりたがらないかな。

つまりYahooだけが美味しいだけなんだ。

もう一つ大切なことは、火葬許可証は1回だけじゃないんです。
糖尿病とかで足や事故で腕や足を切断した場合にも火葬するんです。
そして火葬許可証を取得します。
これは悪用されては困りますよね。

死亡をハッキリさせるために、他の書類の方がいいでしょう。

 

カテゴリー: SNS | 1件のコメント

フューネラルビジネスフェア

毎年ですが、6月末にパシフィコ横浜にて開催されました。
昨年と比べて業者向けになった感じかなと印象が強かったです。
そして何よりも相続・遺言・保険が目立ちました。

カテゴリー: イベント | コメントする