匠 by 岡村竹材(オカチク)

フューネラルビジネスフェア 2015/06/08

2015-06-08 10.50.38岡村竹材さんと言えばもう半世紀以上も京都の立派な竹林をの竹を使った竹細工で葬儀の祭壇を作っているところです。

今回、「匠」と言う祭壇を展示。

この祭壇と棺の周りの備品が一式で提供される。気泡が出る祭壇、LED証明、などが提供される。

ご本尊は写真で見れるように上から吊るす。これはこれで置いといて、美しい祭壇ではある。全部入れて価格が200万円くらいとのことらしい。

さて、注目したいのは、この祭壇だけではなく、葬儀の空間である。

今までは、棺は祭壇の前に横に並べる。
最近、中央に置いて、その後ろに僧侶が座る経机がある。そして家族葬の場では、控室も含めた空間が式場で、フロア全体が葬儀の場と化する。

私は3月末に鎌倉新書さんのイベントで北海道へ行ってきて、このような家族葬の空間をかなり拝見してきた。時代は家族葬と中規模一般葬、そして直葬。つまり上の部分が吹っ飛んでしまったと言うことだ。

このような市場では控室と会食所を一つにした式場が今後は主流になるのかと。

ちなみに、この会場の近くを歩いていたら手を振る人がいました。
今、就活で活躍中の佐々木悦子さんがお手伝いに入っていました。

広告

jfuneral について

有限会社ワイ・イー・ワイ代表取締役、個性心理學研究所GENESIS支局長、Chigasaki Love主催、Blackberry愛好家、yeyshonan.com
カテゴリー: イベント タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中