遺品整理 by リリーフ

遺品整理と言えば、この長年トップを走るKeepersさんがいます。
はい、キーパーズさんの吉田社長とは友人です。

そこに、二番手、三番手がこの遺品回収と整理事業に入り込んできました。
この手の事業はほとんどがキーパーズさんから独立したか、とっても参考にした会社ばかりです。

今回、紹介するのは(株)リリーフさんです。

2015-06-08 13.19.29

さて、リリーフ社さんはお客様から使える物と使えない(確実に産業廃棄物)となる物を分離します。分離してから、売れるモノとそうでないモノに更に分けます。

2015-06-08 13.19.32

まず、ゴミが2トン車2台分出たとしましょう。
次に、まず本当に使えないモノ(貨幣価値がないゴミ)が1台分として出ました。
しかし残りもう1台分は使えそう・・・って言うか、ここをさらに分別。

もし海外(東南アジア等)で買ってくれそうな品があれば、それはコストから省きます。
つまり請求は2台分ではなく、リリーフさんが売れると思う場合、その分だけ差し引くと言うことです。

つまり、リユース、リサイクル、そしてリデュースを実現しています。3R運動!
葬儀社は葬儀が終わったらアフターフォローはほとんどない。
だが残された遺族はものすごくやることがある。
遺品の整理だけではなく、役所への手続きだ。
そして、21世紀、色々なSNSを停止させたり、お金が掛かることを廃止させたりすることも重要だ。
tumblrでこう言うのが流れて来たので紹介する。

http://yuusukewada.com/post/121961732304

今後、必要なのは土地・財産や相続のビジネスだ。
葬儀はエンディング・ビジネスのただの序章で、これからまだまだある。

広告

jfuneral について

有限会社ワイ・イー・ワイ代表取締役、個性心理學研究所GENESIS支局長、Chigasaki Love主催、Blackberry愛好家、yeyshonan.com
カテゴリー: イベント タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中