Podcast  jFuneral Season 3 Episode 27 「個人的に送る」(アイデアを形にする)

広告

お葬式は「個人」なんですよ。
この「個人」は「個人」「法人」のPersonalの意味の個人です。
亡くなった人の「故人」でもありますが、社葬以外はPersonalの個人なんです。

普通、広告を出すときは「人を対象にピンポイント・ターゲット」をします。
これは、「誰に」ということを意識しないと成功しないから。

「アイデアを形にする」シリーズ

最近、目に入った電車の中の吊り広告。
AC、公共広告機構です。

11年前の「ポロロロ〜ン」を思い出しますよね。
あの音でどれだけの人がトラウマになったか。

その最近の吊り広告で「助かるはずの命を、助かるはずだった命にしない」と。

https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_01.html

こちらが例のビデオです:
https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/video/01.mp4?20180702

こんなところ、感情に訴えても訴求がないんだよね。
なぜなら、個人的メッセージでないからピン!って来ないんです。

マーケティングで大切なことは、いつも言いますが「誰に、何を、どうやって」の三拍子です。



さて、お葬式はPersonal(個人)でと冒頭に言いました。
お葬式だけではなく、すべてです。

大通りで「みなさ〜〜〜〜ん!」って叫んでも振り向きますが、誰しもその後に注意を払いませんよね。

「そこの青いカバンを持ったカッコいいお兄さん!」とか「白髪(はくはつ)のオジサン!」って呼べばその人は立ち止まりますよね。

まして「佐藤XXさん!」って叫べば、たぶん「さとうさん」「かとうさん」「さいとうさん」は呼ばれたかなって思い、立ち止まり振り向きます。

つぎに「はい、佐藤さん!お久しぶりで〜す!」って会話のスタート(知らない人でも!)

わー、怖い!!!


Photo by Pixabay on Pexels.com

さて、会社宛てのセールスレターは通常「肩書」に宛てて書けと言われます。
CEOなんだろうが、社長だろうが。
なぜなら、部署の移動や担当者の変更などがあり、変わっていることが多いからだと。

「斎藤さま」宛に送っても担当が「加藤さま」に変わっていたら、その手紙は即行でゴミ箱行きになる。
もしかして届かないかも(笑)
そうなると、パーソナルという領域を逸脱している。

先ほどは、個人宛にとピンポイントで送れと、そして今回は役職(肩書)に送れと。

矛盾が生じてますよね。

実は、これはビジネスレターだけのことだ。

EMAILSによるダイレクトメールは出来るだけ「個人」宛にして欲しい。

だって、その人のメルアドと名前が紐付いているんでしょ!

それなのに、「各位」はあり得んわなって。

つまり、先ほどのACの広告、本当はプロが作っているんですよ。

ACのホームページを見ると、これらの作品の二次利用はナンと電通が管理しているんです(おい!って言いたくなりますよね)

私なりに、工夫するなら「山手線にお乗りで、毎日お疲れの管理職の皆さま」「ウクライナで砲弾で怪我したエリザベートさんがあなたの支援を必要としています」とかナンとなく入れたいですよね。

もちろん、吊り広告はあまり見ない(多くがスマホを見ている)ので、普段から気にしている人以外は目に入らないかも知れないけど、「誰が、誰に」「何を」「どうやって」を訴求しない限り、効果がないです

B2Bで営業していても、肩書の人へ送る。
しかし、特定しているなら、個人へ。
なぜなら、個人に訴求して、上司に決済許可をもらう必要があるからです。

その時、ちゃんとその担当者が上司に説明できるような案内も入れるといいでしょう。

不特定多数に送るにしても、ある程度、業界を視野を絞ったほうがヒット数は上がります。

Photo by Mike on Pexels.com
  • 「スポーツカーに乗ってみたいと思うあなた」
  • 「ゴルフスコアが-10したいあなた!」
  • 「本当はカッコいいスパイになりたかったあなた」

え?ちょっと煽り過ぎかな?

あっ、スパイは地味でないとダメですよ。
目立ってはならない職業だから(先入観か?)

私のポッドキャストも「葬儀社以外に・・・」いやいや、もっと個人的にピンポイントで訴求しろよってツッコみが入ってきますけど(笑)

それなら、「今日は全国でPR活動、広告やマーケティングをしている加藤さん、佐藤さん、斎藤さん、そして田中さん!あなたです!」って言う感じで終わらしたいと思います。

今日のお話は、案内は個人的に送るという内容でした。

本日も最後までご清聴いただき、ありがとうございました。


ここまでお読みいただきありがとうございます。
次に葬儀屋さんもお寺さんもメルマガをはじめませんか?

私からのオファーは、メルマガ配信するポッドキャストの作り方のご案内です。

はじめるにはLINEでもよいのですよ。
公式ラインアカウントはかんたんに作れます。

jFuneral.com

メルマガから資料請求、そして事前相談や商談につながります。

伝え方が大切です。

メルマガで何を書けばよいのか?って悩みますよね。
ちょっと怖い怪談話や葬儀屋さんあるあるのネタや、

本当かウソかわからないようなお話でも。
もちろん個人情報は書いてはならないけど。

文才が必要ですか?
マガジンの書き方の教える専門講師をZoomにて派遣します!

そして、当社の公式LINEアカウントは jFuneral 検索できます

ぜひお友達ご登録ください


葬儀社というのは地場産業。
地域密着がもっとも大切な職業の一つでもあります。

八百屋さんやスーパーマーケットと変わらないです。

葬儀社の社員、一人ひとりが会社の広告塔です。
人材は宝です。

さらに大切なことは、葬儀社もマーケティングする時代です。
マーケティングは、単なるホームページを作ったり、チラシを配ったりするだけではありません。

色々なSNSを使うことも大切ですが、もっとも重要なのは口コミです。
もちろんSNSを色々試して、自分に合うものを使い続けることがいいでしょう。

そして、ネットで集客するのに必要なのは「ランディングページ」です。
当社ではランディングページの作り方の講習会なども行っております。
ランディングページは会社や組織の責任者が作ることが大切です。
そしてランディングページはターゲットによって変える必要があります。

更に、アップルのガレージバンドやAnchor.FMを利用してポッドキャストの作り方の講習会も行っております。

そしてWordpressとAnchor.FMを使えば、ポッドキャストは簡単に作れるようになります。


最近、人気が上がってきたのがこのような音声媒体を利用したポッドキャストです。

やはりスマホの普及でいつどこでも聞けるということが大きいでしょう。
大切なことは、アーカイブがあることです。

2022年4月からシーズン3です。
ぜひポッドキャストのご登録を。

AppleのiTunes、Googleのポッドキャストでjfuneralとyeyshonanで検索可能です。
jFuneralのポッドキャストはSpotifyでも聞けます


最後に少し私の本の宣伝を。
出版してから1年も経ちましたがぼちぼちと流れております。
英語版が欲しいお方はCONTACTページ経由で私へご連絡ください。

「死神と呼ばれた男」、この本はアマゾン.CO.JPで絶賛発売中です
英語版も出版いたしました。

日本外国特派員協会 FCCJ にて昨年9月29日に本の公式発表を行いました。
当時の緊急事態宣言中、約50名の方々がお集まりいただき、
更にネットからも参加して頂いた方々もおりました。
会見につきましてはFCCJ公式YouTubeチャンネルで配信されますので、ぜひご覧くださいませ。
サムネイルで「死に方改革®」と「旅のデザイナー®」が表示されています。

次回もお楽しみください。
お届けは今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネス・ポッドキャスターの和田でございました。

最後までお読みいただきありがとうございました

投稿者: jfuneral

有限会社ワイ・イー・ワイ代表取締役、個性心理學研究所GENESIS支局長、Chigasaki Love主催、Blackberry愛好家、yeyshonan.com

%%footer%%