イベント

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211008

投稿日:

「ビジネスはアウトプットが正義」

昨夜、かなり大きな地震が都内を揺らしました。
私は何をしていたか?
実は、コンビニのサンドとポテチをチューハイを飲んで気持ち悪くなっていて床に横たわっていたところでした(笑)
以前もポテチやその類いを食べると気持ち悪くなることが多くて、やはりダメなのか〜っと。
そんな中、グラグラグラ・・・
しかも、私のケータイは鳴らない。
だって、鳴らないように設定しているから。

これを食べていたわけではないですけど(笑)

さて、そんな中、復活して3時半ころまで違う作業をしていて、突然、Tony Robbins氏の話を思いだしました。

実は、昨日の午後、日本外国特派員協会(FCCJ)でタスク・フォース会議、その後に夕方から日本葬送文化学会の理事会がありました。
学会の理事会が久しぶりにリアルでやることになりました。
場所が錦糸町駅前の南口正面にあるマルイの9Fの「すみだ産業会館」でした。
17時半から20時過ぎまで会議。

その後、御徒町(秋葉原)へ戻り、また別の作業。
帰りにコンビニで夕飯を買って、この始末(笑)


記者クラブや学会へ行く途中にSoundCloud(私が利用しているポッドキャストをホスティングしている媒体)でTony Robbins氏の話を聞いていました。

Tony Robbins氏と言えば、ダイレクト出版の小川社長が敬愛してかなりお話をされています。
私もダイレクト出版から本を買ったりしています。
しかし、小川社長がトニーさんの伝える内容が日本人に受けいられるのかね?って思いながら毎回聞いていました。

(∩゚д゚) アーアーアー ここで自分は思考停止していましたわ

実は、私は大昔からトニーさんのPodcastを聞いていたことを昨日の移動中に知ったのです。

前置きがかなり長くなりましたが、

今日のテーマは「ビジネスはアウトプットが正義」のお話です

続きを読む »

社長ランチ インタビュー復活 20210909

投稿日:

復活第二号はとてもびっくりするようなギフトのお花を作っていらっしゃる、井澤特殊花社の井澤佑斗社長

先月、日本外国特派員協会(FCCJ)の今期の会長から相談があり、メンバーシップ・マーケティング委員会のランチミーティングに参加してくれと頼まれまして、そこで十数名のメンバーが集まりFCCJ復活案を出しながらランチをしました。

2011年から「井澤スペシャルフラワーカンパニー」として営業しております。

その中の一人のメンバーが井澤社長でした。

井澤社長は理工学部出身。
そこで、友人の花屋さんからある難題を解決するために協力してくれないかと。
技術者の開拓魂に火が点いたようです。

さて、井澤社長の会社名に「特殊花社」がついています。

「特殊」?

どんな内容なのか8月のランチミーティングでお会いしたときに伺ったら花に特殊加工されるとのことでした。

特殊加工?

どこかで聞いた、見たことあるぞ!!!!

お花に印刷です

お花にプリント、しかも高精細データ
続きを読む »

社長ランチ インタビュー 復活 20210819

投稿日:

復活第一号は解剖学の講師をされている、歯科医師の前田信吾先生

前田先生とのつながりは、どこでどうなったかは覚えていないが、最初にお会いしたのが、横須賀の神奈川歯科大学のイベントで、解剖学を通じた日本人のDNAとルーツの講演でした。しかも、それは2012年10月28日のできごとで、約9年前でした。

jFuneral.comを立ち上げた理由は葬儀・葬送ビジネスに携わる「業界人」や「社長」をインタビューするためでもありました。

その第1号が2013の1月で、高橋社長をFCCJで対談。(対談日は2012年12月20日)
それから、高橋社長にうちの外構の瓦廃材を利用したエコ塗装をしてもらったり、色々と懐かしい思い出が。

瓦廃材を利用し保湿させヒートアイランド現象を減少させる

さてそこから8年間も頓挫していて、やっと目処が立ちました。
そこで、私自信が日本外国特派員協会(FCCJ)の委員長、副委員長、共同委員長など、書記長など務めていたので、個人的なプロモーションとして、仕事関係者をFCCJにお招きし食事をしながら再度お話を伺う企画を復活させました。

この復活で第一号が、歯科医師でもあり、現在は色々なところでフリーランスの講師として活躍されている前田信吾先生にご協力いただきました。

前田先生は、現在医療の講師として:解剖学、組織学、生理学、病理学、衛生学、などです。
そしてついこの間まで歯科医師免許で職域接種のお手伝いをされていたと。


歯科医師と内科医の注射を打つ違いには驚かされたと。
内科医は自然に相手の緊張を取り除くようにしているとの。
まして小児科は針を怖がる子どもたちを泣かさずにブスっと打つ。
歯科医師はウも言わずにブスっと刺す。

いや、これは笑い事ではないとのことらしい。
あとかた痛みがどれくらいあるかが変わってくるらしいとのことでした。

これから毎週木曜日の12時から約1時間のランチタイムで人をお招きし、インタビューしここに掲載いたします。
今回はマイクロホンの課題(予想はしていました)で音の調整が難しかったので恐縮ですが、次回はSaramonic Blink 500 B2を用いて対応しようと。

Saramonic Blink500 B2 が本日とどきました

https://amzn.to/2UHpKYs

実は、内蔵のステレオマイクと、もう一つSONY ECM-AW4Cをミックスチャンネルとして扱っていたが、これだけではダメでした。

SONY ECM-AW4C

https://amzn.to/3j82YSU


今後、皆様にお声がけをいたします。

今月(8月)は26日になります。
9月が2日、9日、16日を予定。23日は旗日なのでFCCJが閉館しております。

そして9月29日にはFCCJにて私の本の会見があります。
近日中に正式案内があります。

英語版が本日届きました

Podcast 2021年度 エピソード11 フューネラル・ビジネス・フェア 2021

投稿日:

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です

死に方改革研究者 及び 旅のデザイナー 、あの世への旅です。

今日は 2021年6月26日 です

jFuneral 葬送ビジネスポッドキャスト
葬送ビジネスポッドキャスター

(ちょっとビデオを入れ込んでみましたw)


前回のお話、エピソード10は「葬儀屋さんの自己紹介」

自己紹介をするのにただ「葬儀屋です」ではなく「葬儀社のナニナニ企画担当です」とか言ったほうがカッコいいよね。

それが自己ブランディングにもつながります。

今日のお話は二年ぶりの「フューネラル・ビジネス・フェア」です。


すでに「yeyshonan.com」でも速報をアップしましたが、こちらではまとめみたいなのをお話いたします。

パシフィコ横浜展示ホールBとCにて開催

まだ主催の「綜合ユニコム」社からの参加人数の正式発表はありませんが、二日間のイベントで2週間前(まだ緊急事態宣言中)のエンディング産業展よりも人出は多く感じました。

しかし、二日目の15時をすぎるとだんだんと人が減ってきてしまったのもあります。

でも、かなり活気はあったかと思います。

私としては、同窓会みたいな感じでもありました。

業者さん目線で言えば何がいいかというと、二日間なんです。

エンディング産業展は三日間で、友引前、友引と前後どちらかの1日が追加されます。
出店者としては、マジに疲れます。

続きを読む »

Podcast 2021年度 エピソード9 葬儀の広告にはキャッチフレーズを

投稿日:

こんにちは、葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® です

今日は 2021年6月15日 です


今日のお話は「お葬式とキャッチフレーズ」です
広告の作り込みにおいて、何が必要かというお話です。

先週、9日から11日の金曜日まで東京ビッグサイト青海展示場B棟でエンディング産業展が開催されまして、公式発表では、登録参加者数が12,634名で昨年よりも1300人くらい少なかった程度です。
昨年は11月末に開催され、更にコロナが未だに収束していない中、7ヶ月ぶりでイベントを開催し、この人数は大したもんだと思います。

一昨年から比べたら半分に落ちていますが、実際、これだけ業界関係者が必死になっているということが見えます。

それどころか、A棟で開催されていた「カフェ・レストラン展示会」から大勢が流れてきたので、初日は少なく感じましたが二日目と三日目は昨年よりも人が多くいるように思えました。

さて、前回のお話は対話による信用を得るお話でした。

あなたのところに「新規」のお客さんが来ないのは「あなたを信用していないからです」。

つまり、新規顧客を開拓するのはとても難しいと言うことです。
既存客を狙うほうがずっとビジネスとしてはやりやすい。

しかし、葬儀は、実際「ハイブリッド」なんです。
新規であり新規でない。

前回、お葬式を出した本人が亡くなっている可能性があるからです。

このビジネスは難しいですよね


本題:今日のお話は「 キャッチフレーズ」です

葬儀屋さんのビジネスで人を呼び込む「キャッチフレーズ」はあるのか?
そして広告に関してどう作り込んでいくかが大切です。

続きを読む »

日本石材工業新聞さんに寄稿いたしました

投稿日:

日本葬送文化学会からの繋がりで通称その筋?の人たちには「仙人」と呼ばれています内藤理恵子さんのご紹介により米国と日本の遺影とお墓についての内容で執筆いたしました。

日本石材工業新聞 2021年3月15日 2239号

日本の墓石は遺影がありません。
欧米の墓石は遺影があったりします。
この差はなぜでしょうか?

続きを読む »

未来の自分への手紙は逆エンディングノート

投稿日:

エンディングノートってどうしても、過去からスタートします。
実際、そういうものであるから仕方ないのですが、当社が推奨するQoD(Quality of Death)をよくする「死に方改革®」的に考えて、未来を見つめてみませんか?

未来の自分がどうありたいか、そして自分だけではなく、家族への思いを未来に語ってみませんか?

自由丁のご紹介

蔵前駅から徒歩数分のところにちょっとした古民家的な建物(実際は古民家ではないけど)の1階にコワーキングスペースみたいなところとしても活用できて、且つ本を読んだりすることが可能で、そこで未来の自分宛てに手紙を書く。

手紙は1年後に届きます。
一種のタイムカプセルみたいなもんかな。

自由丁は台東区蔵前4-11-2
続きを読む »