Podcast jFuneral 番外編 Apple iTunes Podcastから消えている!

広告

皆さま、大変申し訳ございません。

Appleが何かをして私の jFuneral.com のポッドキャストが iTunes から見えなくなってしまいました。

配信がゼロになっているどころか存在しない・・・

BANされたわけじゃないのですが、全部消えた・・・
なぜだかアナリティクスは見えるけど、配信(Feed)が消えている!!!

お聞きされる場合、SoundcloudかSpotify からのご登録をお願いいたします。

Rotten Apple Photo by Mizzu Cho on Pexels.com

Spotifyはこちらから登録が可能です。よろしくお願い申し上げます。

葬儀屋さんって今後どうなの?

広告

葬儀屋さんの未来を考えてみた

そんなこと言っていいのかな?

そもそも炎上内容ではないし、タブーじゃないから大丈夫(笑)

実は、コロナ禍になって、お葬式をしなくなった家庭がかなり増えています。

お葬式をしたくてもできない、
お葬式をしたくない、
お葬式を普通にする、
お葬式を大々的にする、

お葬式は世間体があるからする、
小さい規模のお葬式ならする

こんなタイプの人たちがおります。

YEY Business お葬式ビジネス今後

ではお葬式を執り行う、葬儀屋さんはどうなのだろうか?

葬儀屋さんはハッキリいうけど厳しい。

勝ち組と負け組の両極端に別れるだろうという業界意見なんです。

では数をやっているのが勝ち組か?

昔みたいに月に2〜5件くらいの仕事で1ヶ月どころか半年、下手したら1年も食べていける(極端だけど)仕事はもう存在しない。

“葬儀屋さんって今後どうなの?” の続きを読む

お寺がお布施で電気代を払えない時代

広告

さて、この状態はどういうことなのか?

過疎地にあるお寺は非常に経営が難しいのです。
そういうところで、何ができるか。
他のお寺の檀家さん(ご門徒さん)を奪うことはできない。
まして、すごく閉鎖的な社会でもある。

私が聞いているポッドキャストの一つで「Temple Morning Radio」というのがあります。

ぜひ、このエピソードを聞いていただきたい。

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/temple-morning-radio/id1522648631?i=1000546365277

鳥取県八頭町の浄土真宗本願寺派 光澤寺の住職が苦し紛れで宿坊を作ったお話です。

日本で決済権を持っている人が60代、70代です。
こういう人たちが未だに牛耳っていて、日本以外世界が変わっているけど、日本の社会が気づいていない。最近、デジタル庁や法務省で著作権違反をしているくらいです。それだけ意識が低い。

“お寺がお布施で電気代を払えない時代” の続きを読む

Podcast 2021年度 エピソード21 お葬式仏教と葬儀屋さん

広告

昨今「お葬式仏教」と呼ばれながらお寺さんとのつながりがすごく薄くなってきています。
その中で葬儀社もお寺さんとの関わりを考えねばならない時代がより強くなりました。

まず、このポッドキャストエピソードでは、深掘りをしていないと「防衛線」を張ります。
なぜなら深掘りをすればするだけ、この話題は論文が書けるからです。
今回の目的はそこではありませんので。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

さて、今回はBGMの始まり方を変えました!
今日は比較的雨が降って寒い日でした。

今回はお葬式についてお寺さんも葬儀屋さんも困っている時代に突入。
お葬式とお寺は切っても切れない縁です。
とくに日本の文化では、盆暮れ彼岸などは必ずお寺と関係がある文化と生活があります。

今、コロナ禍で葬儀が簡素化されただけではなく、小規模になりました。
実際、昔からそうしたいという人たちがおりました。
「葬式仏教」というのは実は70年代からこの用語があったみたいです。

「葬儀は要らない」という文言も最近ではありません。
島田裕巳(ポッドキャストでは「ヒロユキ」さんと言ってしまいました(失礼いたしました)が葬式が要らないと言う本まで出しています(私もその本を持っています)。

お寺さんの知恵というのをより多く取り入れることが大切です。
伊達に修行しているわけではないのです。

“Podcast 2021年度 エピソード21 お葬式仏教と葬儀屋さん” の続きを読む

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211017

広告

二日遅れでアップ

「お葬式の費用はいつ支払うの?」

Photo by Kampus Production on Pexels.com

友人から電話があり、相談に乗りました。
ご葬儀が終わってからいつのタイミングで支払いを済ませばよいのか?

それは葬儀屋さんと間に入っているブローカーとの条件だったり、葬儀の規模だったり色々とあります。

クレカ払いが出来ますか?というのもあります。

もちろん、できますが、審査が通らない人もいます。

普段は振り込みとしてお願いしています。
以前は請求書届けのときに現金でお支払いされるお方が大勢いらっしゃいました。
場合によっては350万以上とか・・・いや、気が遠くなります(笑)
そのときに、仏壇のご注文までいただくことが。

なぜお客様が現金でその場で支払いたいかと言うと、銀行口座の問題もあったり、実は使い込んでしまいそうだからです。
ご家族の事情は色々とありますが、香典のおカネはすぐに消えるというのが世の常です。

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211008

広告

「ビジネスはアウトプットが正義」

昨夜、かなり大きな地震が都内を揺らしました。
私は何をしていたか?
実は、コンビニのサンドとポテチをチューハイを飲んで気持ち悪くなっていて床に横たわっていたところでした(笑)
以前もポテチやその類いを食べると気持ち悪くなることが多くて、やはりダメなのか〜っと。
そんな中、グラグラグラ・・・
しかも、私のケータイは鳴らない。
だって、鳴らないように設定しているから。

これを食べていたわけではないですけど(笑)

さて、そんな中、復活して3時半ころまで違う作業をしていて、突然、Tony Robbins氏の話を思いだしました。

実は、昨日の午後、日本外国特派員協会(FCCJ)でタスク・フォース会議、その後に夕方から日本葬送文化学会の理事会がありました。
学会の理事会が久しぶりにリアルでやることになりました。
場所が錦糸町駅前の南口正面にあるマルイの9Fの「すみだ産業会館」でした。
17時半から20時過ぎまで会議。

その後、御徒町(秋葉原)へ戻り、また別の作業。
帰りにコンビニで夕飯を買って、この始末(笑)


記者クラブや学会へ行く途中にSoundCloud(私が利用しているポッドキャストをホスティングしている媒体)でTony Robbins氏の話を聞いていました。

Tony Robbins氏と言えば、ダイレクト出版の小川社長が敬愛してかなりお話をされています。
私もダイレクト出版から本を買ったりしています。
しかし、小川社長がトニーさんの伝える内容が日本人に受けいられるのかね?って思いながら毎回聞いていました。

(∩゚д゚) アーアーアー ここで自分は思考停止していましたわ

実は、私は大昔からトニーさんのPodcastを聞いていたことを昨日の移動中に知ったのです。

前置きがかなり長くなりましたが、

今日のテーマは「ビジネスはアウトプットが正義」のお話です

“番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211008” の続きを読む

米国の墓地の位置表示クラウドアプリの紹介

広告

今、神奈川県ではジャムコムさんがセレモビ事業ですでにやっていますけど、アメリカではまだまだ始まったばかり。
実際、日本でも始まったばかりとも言えますが、ジャムコムさんが今、県を交えて墓地の位置をGPSでわかるようにしています。

ジャムコムさんに関しては姉妹サイトの「ゆいごん.みんな」をご参照していただきたい。

さて、昨日は葬送ビジネスポッドキャストを放送できませんでしたが、この投稿のあとに本日NEW04を投稿予定です。昨日は周囲の工事の音で収録ができませんでした。

さて、今回はアメリカでのスタートアップのご紹介です。

Plot Box

“米国の墓地の位置表示クラウドアプリの紹介” の続きを読む
%%footer%%