気になること

Podcast 2021年度 エピソード21 お葬式仏教と葬儀屋さん

投稿日: 更新日:

昨今「お葬式仏教」と呼ばれながらお寺さんとのつながりがすごく薄くなってきています。
その中で葬儀社もお寺さんとの関わりを考えねばならない時代がより強くなりました。

まず、このポッドキャストエピソードでは、深掘りをしていないと「防衛線」を張ります。
なぜなら深掘りをすればするだけ、この話題は論文が書けるからです。
今回の目的はそこではありませんので。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

さて、今回はBGMの始まり方を変えました!
今日は比較的雨が降って寒い日でした。

今回はお葬式についてお寺さんも葬儀屋さんも困っている時代に突入。
お葬式とお寺は切っても切れない縁です。
とくに日本の文化では、盆暮れ彼岸などは必ずお寺と関係がある文化と生活があります。

今、コロナ禍で葬儀が簡素化されただけではなく、小規模になりました。
実際、昔からそうしたいという人たちがおりました。
「葬式仏教」というのは実は70年代からこの用語があったみたいです。

「葬儀は要らない」という文言も最近ではありません。
島田裕巳(ポッドキャストでは「ヒロユキ」さんと言ってしまいました(失礼いたしました)が葬式が要らないと言う本まで出しています(私もその本を持っています)。

お寺さんの知恵というのをより多く取り入れることが大切です。
伊達に修行しているわけではないのです。

続きを読む »

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211017

投稿日:

二日遅れでアップ

「お葬式の費用はいつ支払うの?」

Photo by Kampus Production on Pexels.com

友人から電話があり、相談に乗りました。
ご葬儀が終わってからいつのタイミングで支払いを済ませばよいのか?

それは葬儀屋さんと間に入っているブローカーとの条件だったり、葬儀の規模だったり色々とあります。

クレカ払いが出来ますか?というのもあります。

もちろん、できますが、審査が通らない人もいます。

普段は振り込みとしてお願いしています。
以前は請求書届けのときに現金でお支払いされるお方が大勢いらっしゃいました。
場合によっては350万以上とか・・・いや、気が遠くなります(笑)
そのときに、仏壇のご注文までいただくことが。

なぜお客様が現金でその場で支払いたいかと言うと、銀行口座の問題もあったり、実は使い込んでしまいそうだからです。
ご家族の事情は色々とありますが、香典のおカネはすぐに消えるというのが世の常です。

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211008

投稿日:

「ビジネスはアウトプットが正義」

昨夜、かなり大きな地震が都内を揺らしました。
私は何をしていたか?
実は、コンビニのサンドとポテチをチューハイを飲んで気持ち悪くなっていて床に横たわっていたところでした(笑)
以前もポテチやその類いを食べると気持ち悪くなることが多くて、やはりダメなのか〜っと。
そんな中、グラグラグラ・・・
しかも、私のケータイは鳴らない。
だって、鳴らないように設定しているから。

これを食べていたわけではないですけど(笑)

さて、そんな中、復活して3時半ころまで違う作業をしていて、突然、Tony Robbins氏の話を思いだしました。

実は、昨日の午後、日本外国特派員協会(FCCJ)でタスク・フォース会議、その後に夕方から日本葬送文化学会の理事会がありました。
学会の理事会が久しぶりにリアルでやることになりました。
場所が錦糸町駅前の南口正面にあるマルイの9Fの「すみだ産業会館」でした。
17時半から20時過ぎまで会議。

その後、御徒町(秋葉原)へ戻り、また別の作業。
帰りにコンビニで夕飯を買って、この始末(笑)


記者クラブや学会へ行く途中にSoundCloud(私が利用しているポッドキャストをホスティングしている媒体)でTony Robbins氏の話を聞いていました。

Tony Robbins氏と言えば、ダイレクト出版の小川社長が敬愛してかなりお話をされています。
私もダイレクト出版から本を買ったりしています。
しかし、小川社長がトニーさんの伝える内容が日本人に受けいられるのかね?って思いながら毎回聞いていました。

(∩゚д゚) アーアーアー ここで自分は思考停止していましたわ

実は、私は大昔からトニーさんのPodcastを聞いていたことを昨日の移動中に知ったのです。

前置きがかなり長くなりましたが、

今日のテーマは「ビジネスはアウトプットが正義」のお話です

続きを読む »

米国の墓地の位置表示クラウドアプリの紹介

投稿日: 更新日:

今、神奈川県ではジャムコムさんがセレモビ事業ですでにやっていますけど、アメリカではまだまだ始まったばかり。
実際、日本でも始まったばかりとも言えますが、ジャムコムさんが今、県を交えて墓地の位置をGPSでわかるようにしています。

ジャムコムさんに関しては姉妹サイトの「ゆいごん.みんな」をご参照していただきたい。

さて、昨日は葬送ビジネスポッドキャストを放送できませんでしたが、この投稿のあとに本日NEW04を投稿予定です。昨日は周囲の工事の音で収録ができませんでした。

さて、今回はアメリカでのスタートアップのご紹介です。

Plot Box

続きを読む »

京都府宇治市で火葬場での悲劇

投稿日: 更新日:

ピンポンパンポーン♪

「XXX様、お骨上げの準備が出来ましたのでご確認をお願いします」

っていう案内が内部で流れて、係員がそこの遺族代表(喪主)を呼び出しに行き、火葬が終わったので間もなくお骨上げの準備ができるので、控室の皆様にはお部屋の移動の準備をお願いをします。

って、それが通常のプロトコルなんですが(場所によっては、呼び出しがインターフォン経由だったりします)、今回、どうしてそうなった?

事件が起きたのは昨年11月だった。

遺骨がない!
続きを読む »

終活とはなんぞや?

投稿日:

終活の就活?
いや、それ本末転倒でしょ?って思われるけど、実際そうでもないんです。
とくに終活カウンセラー協会から資格を得た(民間資格ですよ)人たちは自分たちが学んだことを実践したいと思われるわけです。

2018-08-11-10.33.27.jpg

実際、すべての資格はそうです。
そでなければ取得した意味がないわけです。
英検なんかは最前線。

さて、今回は終活のお話しです。

終活は葬儀屋さんに行けばいいの?
それとも仏壇屋さん、どこ?
突然「終活だ〜!」と言われてもどこからスタートして良いのかわかりませんよね。

突然、エンディングノートセミナーへ行ってもわからないことだらけ。
どんなエンディングノートがあって、どうやって書いていいのかも。

続きを読む »