Tag Archives: ビジネス

お墓参りもバーチャルの時代

どのように追悼するか Facebookが一般に利用されるようになって(日本では10年前はそうでもなかった)、追悼の儀式に変化が起きました。それはそうでしょうね、亡くなったことを後から知った人はどこにお参りをするのかって悩んだことがあるかと思います。年賀状のやり取りだけしか行っていない人たちなら、遺族の住んでいる場所すらわからないこともしばしば。 Facebookのアカウントは遺族が申請すれば「カノナイズ(canonize)」することができて、その時点で友達であった人以外にはアカウントが存在しないようにすることが可能である。つまり、「天国へ連れて行き、聖人にする」と言う意味だ。 そこで「お墓参り」はどうなの? 今は21世紀、しかも日本のケータイ回線も100Mbpsを超えるところあるし(逆にちょっとしたWiFiのほうが遅い!)、自宅にも1Gbpsの光ファイバーが張り巡らされていることもある。我が家なんか1GB x2(Nuro)が入っており、固定は私が使い、DHCPは子供が大学の授業を受けるために利用していて、回線を使い分けている。 お墓参りだってわざわざ行く必要もなくなってきた時代だ。私の友人の石材店(山梨県甲府市「石の声」)が平成20年(2008年)に墓石にQRコードを入れてネット上にて故人の写真やビデオを流れるような仕組みを紹介し日本外国特派員協会の会報誌にまで取り上げられた。QRコードはタイルに焼いて墓石に貼り付けた。 http://ishinokoe.co.jp/00012/002qr/ FCCJの会誌の記事はすでにアーカイブにも残っておらず(システムの再構築で失われました)、紹介することが出来ないのが残念です。 ところで、みなさんはお墓参りには行かれますか?

Posted in イベント, フォローアップ | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

葬儀社と連携するビジネス展開

日本の葬送ビジネスは特殊な事情でなりたっています そこでビジネス展開をすると言うのは非常に面倒くさいのが、誰にどうつながればいいのかがなかなか外部からではわからない。 そういうときにエキスパート(水先案内人)が必要なんです。 既存の葬儀社の社員が葬儀社を始めるのはそう難しいことではありません。 さらに、葬儀社へすでにものを納めている会社(花屋さん、仏壇や位牌屋さん、仕出し屋さん、返礼品屋さんなど)は取引がわかっているので難しくはありません。 しかし、何が難しいかと言うと、それ以外のはじめて技術を提供している新参の会社さんはどこに何を聞けばいいのかわかりません。 どの産業でも同様ですが、葬祭業の仕組みは上下関係よりも横の関係で連携プレーを取っているからです。葬儀屋さんとしては、ITが本当に必要なのかというと、あったら便利程度だからなのです。 だからこそ今ままで社会変動があっても茹でガエル状態にならなかったとも言えます。 しかし、これからは違います。

Posted in 業務 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

葬儀保険は互助会に代わるもの?

色々と相談がくるのでザクっと書いちゃいます! って言うよりもYouTubeを見てください。 互助会は積立金制度です。 役務であるのに、割賦販売法が許しています。 これは葬儀の価格が高かったから、分割で支払いを可能にしたものです。 しかし、すでに30年くらいは新たに互助会を許可していません。 国としては「しない」のではなく、「させてない」=「許可を得るのに非常に厳しくしている」ってことです。 葬儀保険(AFLACやIF共済などがあります)がそれは本当に葬儀社のためなのか? それとも銀行系の信託や保険がいいのか? 葬儀屋さんとしてオススメは銀行系だろうなと。 葬儀保険は誰が得するのか? 本当は消費者だろうが、葬儀屋さんもお得でないと売らないよ。 その保険を売るのが保険外交員ではなく、葬儀屋さんなんだから。  

Posted in 業務 | Tagged , , , , | Leave a comment

Hotel for the dead

Have you ever heard of “Corpse Hotel” in Japan? 遺体ホテルというのを聞いたことがありますか? It’s not so odd and rare in Japan. It’s been around for many years. 日本ではそれほどおかしくも珍しくもありません。実は昔から存在していました。 These are places where undertakers bring bodies for night or so, or even weeks, sometimes … Continue reading

Posted in 霊安室, POI, 業務 | Tagged , , , , , | Leave a comment

葬儀屋さんのSDGs

そもそもSDGsってナニ? 驚いたことにSDGsってあれだけ騒がれていても知らない人が大半だった。 それはテレビでもネットでもあまり見ないからか? TwitterでもFacebookでもあまり見かけない用語なのでそれほど一般的に普及していない。 では会社などでは? 中小零細企業が多い日本では本当に聞かない言葉である。 朝日新聞社が2019年8月に東京都と神奈川県住まいの3000人にネットで聞き込み調査をしたら、認知率が27%だったらしい。 どうやらあまり学校でも教えてないらしい。 SDGsどころかミレニアム開発目標ですらないだろう(笑) しかし、最も低かった年齢層は60歳以上の高齢者らしい。 先月末に名古屋へ親しい友人の誕生日会にて訪れた。 そこには前神奈川県知事、現参議院議員の松沢成文さんや名古屋市の河村市長などもお祝いに出席されていた。実は私はその二人の間の席だったので驚いた。 そのパーティで挨拶をしていた人、一人にSDGsのバッジを着けられていた方がおり、「このバッジなんだかご存じですか?」と聞かれたので「SDGsのですね!」と答えましたら「よくご存じですね」と。 私はそれまで当たり前だと思っていたことで驚いたのは、名古屋では認知率が15〜6%だということでした。いや、それは本当に驚きました。 実は「葬儀社のSDGs」についてはすでに1年前にメモを取りながら私の中で温存しておいた。 このSDGsの課題が上がらなければ当分日の目を見ることがなかっただろうかと。 その状態だったので書かずにいられなくなった。 国連が2015年に定めたSDGsは17のゴール、169項目の目標(ターゲット)がある。 これが今までのミレニアム開発目標からバトンタッチした内容である。 詳しくは Wiki を見ていただければいいです。ここでは割合いたします。

Posted in POI | Tagged , , , , , | Leave a comment

8/20からビッグサイトでエンディング産業展2019

エンディング産業というのは大きくなると一般では思われておりますが、実際そうではありません。
年間160万人(現在130万)の人がお亡くなりになる時代がすぐきますが、経済的に大きな葬儀を負担できなくなってきているのでお葬式の額がさがっています。 Continue reading

Posted in イベント | Tagged , , , , , | Leave a comment

そろそろFuneral Bizの時期

綜合ユニコム社が主催するフューネラビジネスフォーラムが今年も第23回を迎えパシフィコ横浜にて開催されます。 もう23回です。 当時は東京流通センターの開場からスタートし、2015年くらいまで東京ビッグサイトへ移転。 そして、その後、現在はパシフィコ横浜にて開催。 開場が広くなった分、人が減ったかと感じたけど、意外と来場者は一定のまま。 これは去年の写真ですが、やはりコールセンターは大切です。 葬儀社が唯一安心して地道に営業活動ができるシステムです。 今ではなくてはならない存在です。

Posted in イベント, フォローアップ, 業務 | Tagged , , , | Leave a comment

葬祭業スタートアップ

葬儀社を始めるには何が必要か、そのシステムコンサルティングを当社は行います。 すでに葬儀社を経験されていらっしゃる方々は必要ない情報かと思われますが、この10年でシステムが大幅に変わり、利用するアプリもユーザ層も変わりました。 すでに「1ビジネスモデルは10年」の寿命と謳ってます。 なぜ10年なのか、それは人の思考が10年単位で大きく変わるからです。 「石の上にも三年」この三年と言うのは運気サイクル。 そして10年も大きな流れの運気サイクル。 人の考え、市場が変わっていくからです。 葬儀社のニーズも今まではプロダクトアウト方式でした。 葬儀社がお客に提供したものを出していました。 しかし、この10年くらい前からマーケットインだと騒がれるようになったのですが、今はこのハイブリッド型。 つまり情報が混乱している世の中なので、顧客層は何が必要で何が足らないかが逆に見えなくなってきている時代に突入しました。その中で葬儀社が必要なものは何なのかを改めて考える必要がありました。 この数年のフューネラルビジネスフェアを見ていると、まさしく変化がわかる時代ではありましたが、どこの葬儀社がクラウドが必要で、そのクラウドシステムを提供することを考えたか。 葬儀ビジネスモデルからきちんとコンサルティングを行います。 金額は15万円〜

Posted in 業務 | Tagged , , | Leave a comment