ビジネス

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211008

投稿日:

「ビジネスはアウトプットが正義」

昨夜、かなり大きな地震が都内を揺らしました。
私は何をしていたか?
実は、コンビニのサンドとポテチをチューハイを飲んで気持ち悪くなっていて床に横たわっていたところでした(笑)
以前もポテチやその類いを食べると気持ち悪くなることが多くて、やはりダメなのか〜っと。
そんな中、グラグラグラ・・・
しかも、私のケータイは鳴らない。
だって、鳴らないように設定しているから。

これを食べていたわけではないですけど(笑)

さて、そんな中、復活して3時半ころまで違う作業をしていて、突然、Tony Robbins氏の話を思いだしました。

実は、昨日の午後、日本外国特派員協会(FCCJ)でタスク・フォース会議、その後に夕方から日本葬送文化学会の理事会がありました。
学会の理事会が久しぶりにリアルでやることになりました。
場所が錦糸町駅前の南口正面にあるマルイの9Fの「すみだ産業会館」でした。
17時半から20時過ぎまで会議。

その後、御徒町(秋葉原)へ戻り、また別の作業。
帰りにコンビニで夕飯を買って、この始末(笑)


記者クラブや学会へ行く途中にSoundCloud(私が利用しているポッドキャストをホスティングしている媒体)でTony Robbins氏の話を聞いていました。

Tony Robbins氏と言えば、ダイレクト出版の小川社長が敬愛してかなりお話をされています。
私もダイレクト出版から本を買ったりしています。
しかし、小川社長がトニーさんの伝える内容が日本人に受けいられるのかね?って思いながら毎回聞いていました。

(∩゚д゚) アーアーアー ここで自分は思考停止していましたわ

実は、私は大昔からトニーさんのPodcastを聞いていたことを昨日の移動中に知ったのです。

前置きがかなり長くなりましたが、

今日のテーマは「ビジネスはアウトプットが正義」のお話です

続きを読む »

Podcast 2021年度 エピソード5 価格と価値

投稿日: 更新日:

前回のお話は「あなた」を意識して聞き上手になろうと。
葬儀屋さんの場合、場数を踏むとどうしても結論が見えてしまいます。
しかし、お客さんは感情が不安定だからこそ、最後まで聞いて欲しいわけです。

今日のお話は感情からプライシングです。

葬儀の価格は祭壇料と決めつけてしまっています。
いや、本当に祭壇料だけなの?

実際、備品だけではなく、棺や霊柩車などの費用も掛かってきますけど。

葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

さて、ここで「価格」と「価値」について。
お客さんは「価格」しか目に入りません。

葬儀の「価値」というのはなんだろう。

価格競争になる商品は「価値がない」か「価値を見いだせない」からです。

PriceとValueです。

EDLP(Every Day Low Price)のイオン(実際はWalmartの謳い文句)。
そこで姉妹ブランドでMaxValueがありますよね。
Max Valueはコスパを意味します。
ELDPはただ安いだけ(コスパは無視)。

続きを読む »

お墓参りもバーチャルの時代

投稿日:

どのように追悼するか

Facebookが一般に利用されるようになって(日本では10年前はそうでもなかった)、追悼の儀式に変化が起きました。
それはそうでしょうね、亡くなったことを後から知った人はどこにお参りをするのかって悩んだことがあるかと思います。
年賀状のやり取りだけしか行っていない人たちなら、遺族の住んでいる場所すらわからないこともしばしば。

Facebookのアカウントは遺族が申請すれば「カノナイズ(canonize)」することができて、その時点で友達であった人以外にはアカウントが存在しないようにすることが可能である。
つまり、「天国へ連れて行き、聖人にする」と言う意味だ。

そこで「お墓参り」はどうなの?

今は21世紀、しかも日本のケータイ回線も100Mbpsを超えるところあるし(逆にちょっとしたWiFiのほうが遅い!)、自宅にも1Gbpsの光ファイバーが張り巡らされていることもある。
我が家なんか1GB x2(Nuro)が入っており、固定は私が使い、DHCPは子供が大学の授業を受けるために利用していて、回線を使い分けている。

お墓参りだってわざわざ行く必要もなくなってきた時代だ。
私の友人の石材店(山梨県甲府市「石の声」)が平成20年(2008年)に墓石にQRコードを入れてネット上にて故人の写真やビデオを流れるような仕組みを紹介し日本外国特派員協会の会報誌にまで取り上げられた。
QRコードはタイルに焼いて墓石に貼り付けた。

http://ishinokoe.co.jp/00012/002qr/

FCCJの会誌の記事はすでにアーカイブにも残っておらず(システムの再構築で失われました)、紹介することが出来ないのが残念です。

ところで、みなさんはお墓参りには行かれますか?

続きを読む »

葬儀社と連携するビジネス展開

投稿日: 更新日:

日本の葬送ビジネスは特殊な事情でなりたっています
そこでビジネス展開をすると言うのは非常に面倒くさいのが、誰にどうつながればいいのかがなかなか外部からではわからない。
そういうときにエキスパート(水先案内人)が必要なんです。

既存の葬儀社の社員が葬儀社を始めるのはそう難しいことではありません。
さらに、葬儀社へすでにものを納めている会社(花屋さん、仏壇や位牌屋さん、仕出し屋さん、返礼品屋さんなど)は取引がわかっているので難しくはありません。

しかし、何が難しいかと言うと、それ以外のはじめて技術を提供している新参の会社さんはどこに何を聞けばいいのかわかりません。
どの産業でも同様ですが、葬祭業の仕組みは上下関係よりも横の関係で連携プレーを取っているからです。葬儀屋さんとしては、ITが本当に必要なのかというと、あったら便利程度だからなのです。

だからこそ今ままで社会変動があっても茹でガエル状態にならなかったとも言えます。
しかし、これからは違います。

続きを読む »

葬儀保険は互助会に代わるもの?

投稿日: 更新日:

色々と相談がくるのでザクっと書いちゃいます!
って言うよりもYouTubeを見てください。

互助会は積立金制度です。
役務であるのに、割賦販売法が許しています。
これは葬儀の価格が高かったから、分割で支払いを可能にしたものです。
しかし、すでに30年くらいは新たに互助会を許可していません。
国としては「しない」のではなく、「させてない」=「許可を得るのに非常に厳しくしている」ってことです。

葬儀保険(AFLACやIF共済などがあります)がそれは本当に葬儀社のためなのか?
それとも銀行系の信託や保険がいいのか?
葬儀屋さんとしてオススメは銀行系だろうなと。

葬儀保険は誰が得するのか?
本当は消費者だろうが、葬儀屋さんもお得でないと売らないよ。
その保険を売るのが保険外交員ではなく、葬儀屋さんなんだから。

 

Hotel for the dead

投稿日: 更新日:

Have you ever heard of “Corpse Hotel” in Japan?
遺体ホテルというのを聞いたことがありますか?

It’s not so odd and rare in Japan. It’s been around for many years.
日本ではそれほどおかしくも珍しくもありません。実は昔から存在していました。

These are places where undertakers bring bodies for night or so, or even weeks, sometimes months for storage of bodies that haven’t received a permission of cremation under many different reasons.
遺体安置所には様々な理由で火葬できないご遺体を預かる場所で、一泊二日もあれば何週間、いや何ヶ月という場合もあります。

In other than Japan, “corpse hotel” seems odd but it’s the waiting line for cremation!
日本以外では「遺体ホテル」は珍しいみたいですが、実際は火葬の順番を待つ場所なだけです。

葬儀屋さんのSDGs

投稿日: 更新日:

そもそもSDGsってナニ?

UN_SDG_Logo.png驚いたことにSDGsってあれだけ騒がれていても知らない人が大半だった。
それはテレビでもネットでもあまり見ないからか?
TwitterでもFacebookでもあまり見かけない用語なのでそれほど一般的に普及していない。
では会社などでは?
中小零細企業が多い日本では本当に聞かない言葉である。

朝日新聞社が2019年8月に東京都と神奈川県住まいの3000人にネットで聞き込み調査をしたら、認知率が27%だったらしい

どうやらあまり学校でも教えてないらしい。
SDGsどころかミレニアム開発目標ですらないだろう(笑)
しかし、最も低かった年齢層は60歳以上の高齢者らしい。

先月末に名古屋へ親しい友人の誕生日会にて訪れた。
そこには前神奈川県知事、現参議院議員の松沢成文さんや名古屋市の河村市長などもお祝いに出席されていた。実は私はその二人の間の席だったので驚いた。
そのパーティで挨拶をしていた人、一人にSDGsのバッジを着けられていた方がおり、「このバッジなんだかご存じですか?」と聞かれたので「SDGsのですね!」と答えましたら「よくご存じですね」と。

私はそれまで当たり前だと思っていたことで驚いたのは、名古屋では認知率が15〜6%だということでした。いや、それは本当に驚きました。

実は「葬儀社のSDGs」についてはすでに1年前にメモを取りながら私の中で温存しておいた。
このSDGsの課題が上がらなければ当分日の目を見ることがなかっただろうかと。
その状態だったので書かずにいられなくなった。

国連が2015年に定めたSDGsは17のゴール、169項目の目標(ターゲット)がある。
これが今までのミレニアム開発目標からバトンタッチした内容である。
詳しくは Wiki を見ていただければいいです。ここでは割合いたします。

続きを読む »