マーケティング

Podcast 2021年度 エピソード23 成功した葬儀社

投稿日:

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード23 「成功した葬儀社」

今日は 2021年11月29日 です。

前回が26日の朝にアップしました。
そして、前回の内容が「ソフト(役務)のライフサイクル」でした
葬送儀礼のライフサイクルです。

今の葬儀の仕組みは戦後の仕組みで、冠婚葬祭互助会が作り上げた内容と言っても過言ではありません。

何故ならば、互助会システムで祭壇、飲食、香典返しで大きく利益を取ろうという仕組みになっているからです。もちろん、これに追従した一般の葬儀屋さんも同様ですが、社会がそれを望んだというのもあります。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

戦前までは、地域一帯で葬儀を上げていたから、みんなが持ちつ持たれつの仕組みだったからですが、実際、高度経済成長により、そこまで手が回らなくなったという社会の変化もありました。

さて、今回の話は「成功した葬儀社」です。

成功した葬儀社の前に「成功」とは、そして「成功するには」を考える必要があります。

まず、「成功」の定義を考えたいかと思います。

広辞苑では

① 目的を達成すること。事業などをなしとげること。 
② 転じて、地位や富を得ること。
③ 事業を成就した功績。

広辞苑

と書かれています

実は、企業の成功には微妙なところがあります。
私は以前、プリンタやコピー機の開発を行ってきました。

① モノは大量に売れたけど、利益はあまりでなかった。
② モノは少数売れたが、利益は多くあった。
③ モノは売れなかったが、製品を作ったときに出した特許がヒットした
④ モノは大量に売れたけど、他社の特許に触れて大赤字になった。
⑤ モノは売れなかった、利益も出なかった。
⑥ モノは売れたがリコールで最終的大赤字

このようなパターンをいくつか企業内で経験してきました。

続きを読む »

Podcast 2021年度 エピソード22 ソフト(役務)のライフサイクル

投稿日: 更新日:

今日は 2021年11月26日 です。

ほぼ2週間半ぶりの正式更新です
そして、今日は新しいマイクロホンを利用して収録しています。
オーディオテクニカ AT2040 ダイナミックマイクです。

前回が11月9日でお葬式仏教と葬儀屋さんとの関わりでした

お葬式は要らないのではなく、お葬式は死者を弔う儀式に戻す必要があります。
そこでは、やはり僧侶の知恵と力が必要かと思っています。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

私がよく聞くポッドキャストの一つをご紹介します。

FM大阪の「サタデーナイト仏教」という番組です。
これがまた面白いんです。
宗派問わずに色んな切り口から仏教を紹介しています。
リンクを貼っておきますので、ぜひお聞きください。

https://www.fmosaka.net/_sites/16783385


葬儀屋さんもそうですが、お寺も同様なことが言えます。

ご存知ですか、葬儀社がカフェとか併設しているのを。
実は最近ちょっと流行っているみたいです。
私は遭遇したことないのですが、うちでもコンビニではないけど、カフェをやりたいなと。

今では坊主バーやレストランがあります。
築地本願寺でもツムギカフェをやっていますよね。
あの感じです。

続きを読む »

お寺と葬儀社のマーケティングは似ている

投稿日:

たぶん、多くの葬儀社の方々が気づいていらっしゃらないと思うのは、お寺に親戚がいないからかな。
実は私の従兄弟が横浜のお寺の住職をしています。
彼は真言宗高野山派でが、どの宗派も関係なく今、お寺の維持管理で難しいかと。

築地本願寺

どうするお寺、どうする葬儀屋さん?

さて、今日のお話は葬儀屋さんのマーケティングと似ているのは「客よ、来い!」とは大っぴらに言えないし、客なのか弔問客(これも「客」)、ご門徒さんなのか・・・という議論が根強い。
更に役務は英語ではServiceという。

今回の話はそこの表面だけを話したいと思います。

続きを読む »

Podcast 2021年度 エピソード18 マーケットインから見た葬儀

投稿日: 更新日:

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード18 「マーケットインから見た葬儀」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です

死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。

今日は 2021年9月14日 です。


エピソード17は「4つのP」のお話でした。

マーケティングの順番は「誰に、何を、どうやって」の順番が基本です。
つまり最初にターゲットを絞るということです。

その中で「Price, Product, Place, Promotion」が存在するというお話でした。

今回のお話は「マーケットインからみた葬儀」

葬儀のプロモーションが最も大変なマーケティングであるとお伝えしました。

今までもこの中で「プロダクトアウトとマーケットイン」のお話をいくどかして参りました。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 和田裕助

今まで歴史を見ていると、あらゆる時代が存在します。

まず、戦後から「生産志向」の時代

これは焼け野原になってしまった日本を復活させるために、ナンでも作る時代でした。

そこには生産効率というのが重要課題でした。

続きを読む »

Podcast 2021年度 エピソード16 時代に合うマーケティング

投稿日: 更新日:

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード16 「時代に合うマーケティング」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です

死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。

今日は 2021年8月16日 です。


葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 和田裕助

エピソード15は「遺言を書くには相続を知る」でした。
遺言ってどう処理をするかのを知らないと紛争のもとになります。
まず遺言には3種類あるのをご存知でしょうか?
自筆証書遺言書、公正証書遺言書、秘密証書遺言書があります。
今、自筆証書遺言は財産目録のみパソコンを利用してもよいことになっています。

お忘れなく。


さて、今日のお話は「お客さんがあなたを見つける」内容です

お客さんがあなたを効率的に見つけるには、葬儀屋さんは目立たねばなりません。
考えていただきたい、どうやって見つけられるか。

続きを読む »

Podcast再開 2021年 第1号 葬送ビジネス全般

投稿日: 更新日:

葬儀社は一日でならず

実際、葬儀社を今日はじめたからと言ってお客がすぐつくわけではない。
レストランの「新装開店」とは違います。
さらにお葬式というのは「待ち」の業務と思いがち。

「待ち」であるけど「攻め」も必要。

葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

つまり「待ち」はSales、「攻め」はMarketing です。
葬儀社が一番弱いところは「攻め」のマーケティングです。

商売全体的なお話をしますと「ストリー(物語)」を作ることが大切。
アップルを見習うことだが、最近のアップルのホームページはスペック重視ですね(笑)

Appleのホームページより

でもiPhone12 Proのビデオは体験を語っっています。

ある意味、アップルは不安を煽って商売しています。
実際「iPhoneをもつことで楽しい思い出が作れますよ」と言わんばかりで、持っていない人は「つまらない人生ですよ」と。

ストリーから教訓と証拠を提示、つまりメリットとデメリットを明確にすることが大切です。
それがなければただの意見なだけになってしまう(あーあーあー、この投稿もか?)。

ストリーを作る=クイズを作る
クイズで世間を煽ってみる
そして、みんなが気になることをクイズに出す

続きを読む »

多くの日本の社長の勘違い

投稿日:

社長の勘違いと言うのか、日本語の問題かなって言うのがあります。
何故ならば、明確にその違いが日本語ではないからです。
そもそも、それがすべて「営業」というくくりだったから。
それは、一人でいくつもの作業をしているから。

日本のほとんどと言ってもいいくらいが中小零細企業の数です。
「ほとんど」ってどのくらいなのか?
99%です。
しかし、雇用数の面で見ると大企業は約3割の人を雇用しています。
それだけ大企業に人がいるということですが、今はどうなのか・・・

少し古い情報(平成26年なので5年くらい前の数字)を紹介します。

http://jobgood.jp/chusho#:~:text=%E5%89%B2%E5%90%88%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%A8%E3%80%81%E5%A4%A7,%E3%82%92%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

さて、その場合、中小零細企業の社長たちの意識はどうなのでしょうか?

続きを読む »