Tag Archives: 死に方改革

Podcast 2021年度 エピソード9 葬儀の広告にはキャッチフレーズを

こんにちは、葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® です 今日は 2021年6月15日 です 今日のお話は「お葬式とキャッチフレーズ」です広告の作り込みにおいて、何が必要かというお話です。 先週、9日から11日の金曜日まで東京ビッグサイト青海展示場B棟でエンディング産業展が開催されまして、公式発表では、登録参加者数が12,634名で昨年よりも1300人くらい少なかった程度です。昨年は11月末に開催され、更にコロナが未だに収束していない中、7ヶ月ぶりでイベントを開催し、この人数は大したもんだと思います。 一昨年から比べたら半分に落ちていますが、実際、これだけ業界関係者が必死になっているということが見えます。 それどころか、A棟で開催されていた「カフェ・レストラン展示会」から大勢が流れてきたので、初日は少なく感じましたが二日目と三日目は昨年よりも人が多くいるように思えました。 さて、前回のお話は対話による信用を得るお話でした。 あなたのところに「新規」のお客さんが来ないのは「あなたを信用していないからです」。 つまり、新規顧客を開拓するのはとても難しいと言うことです。既存客を狙うほうがずっとビジネスとしてはやりやすい。 しかし、葬儀は、実際「ハイブリッド」なんです。新規であり新規でない。 前回、お葬式を出した本人が亡くなっている可能性があるからです。 このビジネスは難しいですよね 本題:今日のお話は「 キャッチフレーズ」です YEYSHONANの葬儀・相続ビジネス Podcast · Podcast jFuneral New 09 キャッチコピー 葬儀屋さんのビジネスで人を呼び込む「キャッチフレーズ」はあるのか?そして広告に関してどう作り込んでいくかが大切です。

Posted in イベント, Podcast, 業務 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

Podcast 2021年度 エピソード8 葬儀は対話から

こんにちは、葬送ビジネスポッドキャスター、有限会社ワイ・イー・ワイの和田です死に方改革研究者 及び 旅のデザイナー今日は 2021年6月8日 です 一週間ぶりの更新です あと、明日、9日から11日の金曜日まで東京ビッグサイト青海展示棟でエンディング産業展が開催されていますので、お越しになられるなら、事前登録をお願いします。 事前登録にて入場料が無料になります。 前回のお話はWantsとNeeds。 大切なことだから繰り返し言ったことが間違えて伝えてしまったのを放送をアップしてから気づき、トホホでした。 もう一度ここで申し上げます。 「営業はお客のWantsをNeedsに変えることが大切」 yeyshonan 葬儀・相続 ポッドキャスト · Podcast JFuneral New 08 20210608 対話 今回は「お客と対話」の話です まず申し上げたいのが、「新規」と「既存」のお客の差です

Posted in フォローアップ, Podcast, 業務 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

Podcast 2021年度 エピソード7 葬儀のNeedsとWants

前回のお話は「会社と商品の認知度」でした。それをジョハリの窓に当てはめましたね。 自分が知っている自分と知らない自分、他人が知っている自分と知らない自分 これをABCDの場所にマトリクスとして落とし込むと会社と商品の立ち位置が見えてきました。 そして認知度を高めるにはネーミングが大切であるということも。 さて、今回は葬儀のNeedsとWantsです 営業は「WantsをNeedsにすることです」 大切なことなのでもう一度いいます。 #営業は「WantsをNeedsにすることです」 大切なことなのに3回も言い間違えました ヾ(゚Д゚ )ォィォィ yeyshonan 葬儀・相続 ポッドキャスト · Podcast jFuneral New 07 20210601 まず、ビジネスにするには自社及びクライアント(客)に利益をもたせることが大切であると幾度も言ってます。独りよがりだと何れ自滅します。 自社のみのメリットは客が損をするし客だけのメリットは自分が損をするこれは健全ではないですよね 葬儀は両方のメリットが大切で、葬儀の値をお客に伝えてからこそ、お客が高い対価を支払ってくれるわけです。 そこには、必ずNeedsとWantsが存在します。Needsというのは必需品で儀式をするのに必要なもの、例えば「水」Wantsというのはあったらいいな程度で、欲しいもの、例えば「酒やコーラ」 Needsで言えば、埋火葬許可証、棺、霊柩車、Wantsで言えば、祭壇、豪華な花飾りです 葬儀屋さんはこのWantsをNeedsにするには、このWantsの価値をきちんと説明することが大切です。

Posted in Podcast, 業務 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

Podcast 2021年度 エピソード6 会社と商品の認知度

葬送ビジネス Podcast 会社と商品知られている? 前回は価格と価値のお話でした。お客さんは葬儀の価格しか見ていませんから価値をどう伝えるかが大切である。 今日のお話は会社が売れているか売れていないかです。 ジョハリの窓を一度でも聞いたことがあるかと思います。 ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが作った表(ジョンソンとハリスではなかった) ある意味、これはSWOTチャートでもありますよね。 SWOTチャートって何か? Strength (強み)、Weakness (弱み、Opportunity (機会)、Threat (驚異) 会社は知られている、知られていない 商品は知られている、知られていない yeyshonan 葬儀・相続 ポッドキャスト · Podcast JFuneral New 06 会社と商品の認知度 これをジョハリの窓のように縦横に4つの四角に当てはめます。

Posted in Podcast, 業務 | Tagged , , , , , | Leave a comment

Podcast 2021年度 エピソード3 広告を撒く理由は?

Forget Me Notという花言葉をご存じですか? 忘れな草ですよね あなたの会社で広告はナンのために出しますか?単純に言えば、特売情報を流すためですよね。特に新聞の折込広告などは。 yeyshonan 葬儀・相続 ポッドキャスト · Podcast jFuneral New 03 20210523 宣伝の方法 では、昨今、どれくらい新聞購読者がいるのか? 日本新聞協会からのデータをまとめた記事がありましたのでご紹介いたします。 http://www.garbagenews.net/archives/2013226.html このグラフが正しいとは思えないけど、目安として参考にしてください。1年間で272万部減とのことです この20年は減っていますのと、さらにスポーツ新聞は半分以下まで落ちてます。新聞広告はそれでもいいのか?

Posted in Podcast, 業務 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

Podcast 2021年度 エピソード2 それ信じているんですか?

あなたは二流ですか? 広告に出てくる内容、それって本当に信じていますか? 広告、とくに日本はかなり信用できないですよね。広告だけではなく、メディアそのものが嘘の塊だと思っても過言ではないです。なぜ、そこまで言えるかといえば、朝日新聞社の慰安婦の問題だけではなく、各放送局の誤報で訂正がなかなかされない(されても小さく書かれているとか–書けばいいってことじゃない!)。 サプリのコマーシャルの内容に「個人差はあります」って、そりゃそうだろうと。 信じる者は救われるのではなく、信じる者は二流です 今回はサプリやコマーシャルの話ではなく、葬儀屋さん、あなたのビジネスの広告のことを言っているんです! yeyshonan 葬儀・相続 ポッドキャスト · Podcast jFuneral New 02 20210522 それ信じますか? さて、なぜここまで厳しいことを言っているのかと説明しますと、今の葬儀の値段の仕組みがわからなすぎるから、「小さなお葬式」や「よりそう」が出てきたんです。世間一般では、葬儀の価格がわかりづらいからなんです。 わかりづらいのは仕方ないんです だって、車みたいに「これだ!」って決めたら終わりではないから。葬儀の途中、追加があったりするから、見積もり(概算書)と大きく変わるんです。 いや、変えなくてもいいんですよ。お通夜で「もうこれ以上飲み物も食べ物もお出しすることが出来ません」と言ってしまえばいいんです。でも、それをするとお通夜に訪れた弔問客も施主もメンツが丸つぶれになりますよね? だから見積もりと請求書の金額が大きく変わるからわかりづらいのです。 しかし、それ以前に見積もりに何が書かれているかもわからないことばかり。更にお布施?戒名料(法名料)、返礼品、施主払いの生花などがあります。

Posted in Podcast | Tagged , , , , | Leave a comment

Podcast再開 2021年 第1号 葬送ビジネス全般

葬儀社は一日でならず 実際、葬儀社を今日はじめたからと言ってお客がすぐつくわけではない。レストランの「新装開店」とは違います。さらにお葬式というのは「待ち」の業務と思いがち。 「待ち」であるけど「攻め」も必要。 つまり「待ち」はSales、「攻め」はMarketing です。葬儀社が一番弱いところは「攻め」のマーケティングです。 yeyshonan 葬儀・相続 ポッドキャスト · Podcast jFuneral New 01 20210521 商売全体的なお話をしますと「ストリー(物語)」を作ることが大切。アップルを見習うことだが、最近のアップルのホームページはスペック重視ですね(笑) でもiPhone12 Proのビデオは体験を語っっています。 ある意味、アップルは不安を煽って商売しています。実際「iPhoneをもつことで楽しい思い出が作れますよ」と言わんばかりで、持っていない人は「つまらない人生ですよ」と。 ストリーから教訓と証拠を提示、つまりメリットとデメリットを明確にすることが大切です。それがなければただの意見なだけになってしまう(あーあーあー、この投稿もか?)。 ストリーを作る=クイズを作るクイズで世間を煽ってみるそして、みんなが気になることをクイズに出す

Posted in Podcast | Tagged , , , , , , | Leave a comment

感動労働者である葬儀屋さん

お葬式は誰が何のためにするのかを考えたことがありますか?もちろん、それは弔いの意味もあります。しかし、弔いは何のためにあるのか?そして誰が誰に向けて行っているのかを。それを考えない限り、葬儀は成り立たない。 葬儀屋さんは自分の仕事で、この状況を理解されていない限り、葬儀も弔いも必要ないことになります。 さて、ここで葬儀屋さんは「感動労働者」である意味はナンであろうか?聞き慣れない言葉ですよね

Posted in フォローアップ, 業務 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

お墓参りもバーチャルの時代

どのように追悼するか Facebookが一般に利用されるようになって(日本では10年前はそうでもなかった)、追悼の儀式に変化が起きました。それはそうでしょうね、亡くなったことを後から知った人はどこにお参りをするのかって悩んだことがあるかと思います。年賀状のやり取りだけしか行っていない人たちなら、遺族の住んでいる場所すらわからないこともしばしば。 Facebookのアカウントは遺族が申請すれば「カノナイズ(canonize)」することができて、その時点で友達であった人以外にはアカウントが存在しないようにすることが可能である。つまり、「天国へ連れて行き、聖人にする」と言う意味だ。 そこで「お墓参り」はどうなの? 今は21世紀、しかも日本のケータイ回線も100Mbpsを超えるところあるし(逆にちょっとしたWiFiのほうが遅い!)、自宅にも1Gbpsの光ファイバーが張り巡らされていることもある。我が家なんか1GB x2(Nuro)が入っており、固定は私が使い、DHCPは子供が大学の授業を受けるために利用していて、回線を使い分けている。 お墓参りだってわざわざ行く必要もなくなってきた時代だ。私の友人の石材店(山梨県甲府市「石の声」)が平成20年(2008年)に墓石にQRコードを入れてネット上にて故人の写真やビデオを流れるような仕組みを紹介し日本外国特派員協会の会報誌にまで取り上げられた。QRコードはタイルに焼いて墓石に貼り付けた。 http://ishinokoe.co.jp/00012/002qr/ FCCJの会誌の記事はすでにアーカイブにも残っておらず(システムの再構築で失われました)、紹介することが出来ないのが残念です。 ところで、みなさんはお墓参りには行かれますか?

Posted in イベント, フォローアップ | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

葬儀社と連携するビジネス展開

日本の葬送ビジネスは特殊な事情でなりたっています そこでビジネス展開をすると言うのは非常に面倒くさいのが、誰にどうつながればいいのかがなかなか外部からではわからない。 そういうときにエキスパート(水先案内人)が必要なんです。 既存の葬儀社の社員が葬儀社を始めるのはそう難しいことではありません。 さらに、葬儀社へすでにものを納めている会社(花屋さん、仏壇や位牌屋さん、仕出し屋さん、返礼品屋さんなど)は取引がわかっているので難しくはありません。 しかし、何が難しいかと言うと、それ以外のはじめて技術を提供している新参の会社さんはどこに何を聞けばいいのかわかりません。 どの産業でも同様ですが、葬祭業の仕組みは上下関係よりも横の関係で連携プレーを取っているからです。葬儀屋さんとしては、ITが本当に必要なのかというと、あったら便利程度だからなのです。 だからこそ今ままで社会変動があっても茹でガエル状態にならなかったとも言えます。 しかし、これからは違います。

Posted in 業務 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment