感動労働者である葬儀屋さん

広告

お葬式は誰が何のためにするのかを考えたことがありますか?
もちろん、それは弔いの意味もあります。
しかし、弔いは何のためにあるのか?
そして誰が誰に向けて行っているのかを。
それを考えない限り、葬儀は成り立たない。

YEY Business 葬儀社は感動労働者

葬儀屋さんは自分の仕事で、この状況を理解されていない限り、葬儀も弔いも必要ないことになります。

さて、ここで葬儀屋さんは「感動労働者」である意味はナンであろうか?
聞き慣れない言葉ですよね

“感動労働者である葬儀屋さん” の続きを読む

葬儀屋さんの商品はなに?

広告

葬儀もいらない、弔いもいらない時代と言われてしまってます。
そんなのって辛くありませんか?
愛する人をただ捨てに行くって言う感じの。

いや、奥様からしてみたら長年亭主関白でイビられていたら、旦那はクズと一緒で可燃ごみの日にそのまま出したいと思うでしょう。

では、葬儀屋さんからの立場で見たら、どうなのか?
これもまた微妙ですよね。

その中で、葬儀屋さんの商品はナニでしょうか?
葬儀、そのものなんです。
位牌、仏壇などの販売もありますが、それは葬儀をやったご家庭でないと必要ないわけです。
仏壇だけなら、仏壇屋さんへ直接行きます。

お葬式ビジネス講座にぜひ登録してください

葬儀屋さん、あなたの商品はなにですか?

“葬儀屋さんの商品はなに?” の続きを読む

Podcastをはじめようと思ってます

広告

2012年の12月に jfuneral.wordpress.com を立ち上げて、jfuneral.com にしました。

それまで色々と何を投稿していいのか、誰を紹介していいのか迷いました。
しかし、やっている間に、葬送ビジネス全般について語ればいいんだと気づき、2019年2月まで活動しています。

本当はもっと葬祭業に携わる人たちをご紹介したいと思っていますのでご協力いただければ助かります。もちろん、掲載もインタビューもビデオを作るのもみんな無料で行います。
遠方の場合のみはその時に応じて、またはSkypeやZoomなどを活用して録音したりする形になるかと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

 

https://jfuneral.com/wp-content/uploads/2021/03/20190208-01.mp3

%%footer%%