Tag Archives: 葬送

感動労働者である葬儀屋さん

お葬式は誰が何のためにするのかを考えたことがありますか?もちろん、それは弔いの意味もあります。しかし、弔いは何のためにあるのか?そして誰が誰に向けて行っているのかを。それを考えない限り、葬儀は成り立たない。 葬儀屋さんは自分の仕事で、この状況を理解されていない限り、葬儀も弔いも必要ないことになります。 さて、ここで葬儀屋さんは「感動労働者」である意味はナンであろうか?聞き慣れない言葉ですよね

Posted in フォローアップ, 業務 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

お墓参りもバーチャルの時代

どのように追悼するか Facebookが一般に利用されるようになって(日本では10年前はそうでもなかった)、追悼の儀式に変化が起きました。それはそうでしょうね、亡くなったことを後から知った人はどこにお参りをするのかって悩んだことがあるかと思います。年賀状のやり取りだけしか行っていない人たちなら、遺族の住んでいる場所すらわからないこともしばしば。 Facebookのアカウントは遺族が申請すれば「カノナイズ(canonize)」することができて、その時点で友達であった人以外にはアカウントが存在しないようにすることが可能である。つまり、「天国へ連れて行き、聖人にする」と言う意味だ。 そこで「お墓参り」はどうなの? 今は21世紀、しかも日本のケータイ回線も100Mbpsを超えるところあるし(逆にちょっとしたWiFiのほうが遅い!)、自宅にも1Gbpsの光ファイバーが張り巡らされていることもある。我が家なんか1GB x2(Nuro)が入っており、固定は私が使い、DHCPは子供が大学の授業を受けるために利用していて、回線を使い分けている。 お墓参りだってわざわざ行く必要もなくなってきた時代だ。私の友人の石材店(山梨県甲府市「石の声」)が平成20年(2008年)に墓石にQRコードを入れてネット上にて故人の写真やビデオを流れるような仕組みを紹介し日本外国特派員協会の会報誌にまで取り上げられた。QRコードはタイルに焼いて墓石に貼り付けた。 http://ishinokoe.co.jp/00012/002qr/ FCCJの会誌の記事はすでにアーカイブにも残っておらず(システムの再構築で失われました)、紹介することが出来ないのが残念です。 ところで、みなさんはお墓参りには行かれますか?

Posted in イベント, フォローアップ | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

葬儀社と連携するビジネス展開

日本の葬送ビジネスは特殊な事情でなりたっています そこでビジネス展開をすると言うのは非常に面倒くさいのが、誰にどうつながればいいのかがなかなか外部からではわからない。 そういうときにエキスパート(水先案内人)が必要なんです。 既存の葬儀社の社員が葬儀社を始めるのはそう難しいことではありません。 さらに、葬儀社へすでにものを納めている会社(花屋さん、仏壇や位牌屋さん、仕出し屋さん、返礼品屋さんなど)は取引がわかっているので難しくはありません。 しかし、何が難しいかと言うと、それ以外のはじめて技術を提供している新参の会社さんはどこに何を聞けばいいのかわかりません。 どの産業でも同様ですが、葬祭業の仕組みは上下関係よりも横の関係で連携プレーを取っているからです。葬儀屋さんとしては、ITが本当に必要なのかというと、あったら便利程度だからなのです。 だからこそ今ままで社会変動があっても茹でガエル状態にならなかったとも言えます。 しかし、これからは違います。

Posted in 業務 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

葬儀を通じて豊かな社会 その1

葬儀というのは3つの要因から作られている 1つは亡くなった人(死者) 1つは遺族(取り巻く人) 1つは魂(死者が残した心) 葬式仏教と呼ばれる中、最期にお坊さんはお経を上げに来られる。 しかし、お墓はお寺だったり、その後、盆や彼岸のお参りには墓地へ行ったり。 なぜそのようなことを人間はするのか。 ここは哲学ですけど。   それは概念でもある。 そもそも「死」の医学的概念が乏しかった大昔は人が亡くなったら「死なないで!」「なぜ死んだの?」と死者に語り続けながら、死者からは返事がなく、どんどん冷たくなっていく。その恐怖が「死」への恐怖になっていったとも言えるでしょう。 そこには「哀愁」「自己嫌悪感」が交差し、最後には「無念感」が漂う。   死へのトラウマが生まれる。 NFDAのセミナーで死のトラウマの講座がありました。 殺人の被害者や自殺による人の壮絶な死、事故死を含む突然の死、災難、軍人戦闘、薬物外用剤などで残された方々の死へのトラウマが生じると。 とくにお子さんを失った親御さんは。

Posted in イベント, フォローアップ, 学術 | Tagged , , , , , | 1 Comment

NFDA 2020オンライン展示会

NFDA(National Funeral Directors Association) が米国現地時間中部サマータイム10/20〜22日の三日間オンラインイベントを開催しました。(サマータイムは最近では11/1に解除)。 日本時間ですと10/21の午前3時からオープニング・セッションが開催され、閉会が23日の午前6時ころでして、そこに私は付き合いました。 今年のテーマが「Let’s Reconnect」で、再度つながるということでした。 コロナ禍で人々が離れて、更に隔離、死別があったので、再度「つながる」と言うのを重視したようです。 私は昨年、現地シカゴまで訪れて参加して参りましたが今年はオンラインでセミナーを参加することができました。 LinkedInの投稿にも書きましたが、付け加えたいと思います。 LinkedIn:今年のNFDAは大きく舵を切った。 さて、なぜ大きく舵をきったかというと全世界が中止か延期の中、オンラインに踏み切ったからです。 実際、このイベントが4月や5月に開催されているなら、確実に中止であったかと思います。 それは、まだ世間がzoomに対する疑心暗鬼だったり、Google、Microsoftを除いてvcube、skysea、webx、Bluejeansなどを使うには導入コストが高かったり、不慣れであったり、全世界的でもなかったり、色々課題があったからだ。 そもそもGoogleのハングアウトも同様にお世辞でも画質が良いとか使い勝手が良いとも言えなかったし、MSのSkype(for business含む) もクライアント側の処理能力を酷使するためにハードを選んだり大勢では出来なかったり課題があった。 そして課題が「ビジネスをどう続けるか」が課題でした つまり、葬儀社がどう舵取りをするかが課題です。 葬儀社がビジネスをどう継続していくか、または売却、倒産させるか。 米国には葬儀社専門の金融機関や事業者専用の保険会社(損保会社)などがある。 金融機関と言っても、ローンなどの融資、売却への手伝いなどをする銀行である。 それだけ葬儀社はステータスの高い職業であると理解していただきたい。 日本みたいに、誰しも手を上げればやっていい業務ではなく、法律、解剖学、医学などもきちんと知っていないといけない職業であり、弁護士、医者と並ぶ職業であり、さらに各州ごとに免許を取得する必要がある。 つまり、自分が所在している隣の州の免許申請は行っておくべきだと。とくにNYやNE地方は密接しているので、州をまたがることが多い葬儀屋さんはそれぞれの州から営業許可証を取得せねばならない。 さて、このNFDAというのはどういう組織なのか説明せねばならない。

Posted in イベント | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

葬儀経営 003 儲かるビジネス その1

こんにちは 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です。 この度、葬儀経営の経済学の勉強ビデオをアップしておりまして、今日の内容は「儲かるビジネス」で、そこに葬儀社を当てはめていく内容です。 しかし!ビデオが30分以上にもなってしまい、たぶん、最後まで誰も見ないだろうと。(笑) 苦肉の策で、ちょうど良いタイミングで切るタイミングを発見。 第一部です 詳しくはビデオをご覧になってください。

Posted in イベント | Tagged , , , | Leave a comment

葬儀経営 002 理論ドリブンは三密から

こんにちは 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です 昨日は暖かく、多くの人たちが海岸に押し寄せまして、湘南では、まさしく三密の状態を作っていました。 ナンとかならないかなと思うところでした。 さて、第2段は理論ドリブン市場をどう展開するかの話になります。 理論ドリブンとは、モーティブ(意欲)であり、トリガー(引き金)を発生します。 そのトリガーが現象ドリブンとなり、様々な事象・事案を発生いたします。 そこの中に、「社会」「経済」「心理」が経営学の本質として必要となります。 大切なのは、常に「何故」(WHY)を探り、掘り続けることが必要です。 今回のお話は:

Posted in イベント | Tagged , , , | Leave a comment

葬儀経営 001 葬儀経営と葬儀理論

こんにちは 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です コロナ騒動で経済も落ち込む中、葬儀社も戦々恐々としています。 我々も防護服がより必要となったのはいうまでもありません。 神奈川県(東京都以外)は葬儀屋さんが司法解剖などを手伝うのです。 違法ではないのです。 何故ならば、そこにいる監察医の指導の下で手伝いをしているからですが、今回は流石にドキってします。 私も、現場に足を踏み入れたら、血の海のところだったこともあります。 さて、そんなグロい話をするのではなく、今回は「葬儀経営」と「葬儀理論」を通じて「葬儀経営理論」のお話をシリーズにてしていきたいと思いました。 中身はYouTubeにてお話をしているのでぜひ見ていただけると助かります。 ちなみに、私のYouTube登録者数は本日2020/04/13を以って233名なので、YouTubeでは広告収入は一切入りませんので、これこそ自分のノウハウをさらけ出している状態なのでご安心ください(笑)

Posted in イベント | Tagged , , , | Leave a comment

仮想墓地

Virtual Graveという発想があります。 これはオンライン墓地です。 日本人にはあまり馴染みがありませんが、海外ではこれを通じてオンライン死亡記事を提供していたりします。 さて、日本のオンラインでお参りサイトというのはいくつかあります。 私の友人である山梨県甲府市の「石の声」さんという石材店の社長が10年近く前にQRコードを墓石に貼り付けて人々にオンラインのお参り場所を作りまして、海外でも話題になりました。 その後、フューネラルビジネスフェアやエンディング産業展にて似たような仕組みを提供してくる会社が増えました。 果たして事業が成功していて増えているのかどうかはわからないが、お参りすることは大切であることは間違いない。 まして、今、核家族化が進むなか、葬儀もお墓も要らない人が増えてきている。 私が一番懸念しているのは、そのオンラインお参り場所がいつまで存在するか。 昨今、情報が早く動くなか、事業も駆け足で動いている。そこで、その会社がいつまで存在するの?と考えると、なかなか遺族としても情報を預けたいと思わないだろうと。

Posted in POI | Tagged , , , , , | Leave a comment

エンディング産業展 ハウスプラザ信越

棺と言うのは火葬してしまう。 しかし、最期は棺の中で人は寝る(昔は座棺ってのがあったが)。 そして、種類はピンキリだ。 キリの桐棺の下に更に圧縮段ボールで作られた木目調の「プリント棺」がある。 上には上があり、ピンの方は鎌倉彫まである。 はい、焼いてしまうのだが、棺を以って故人への尊厳を表したい思いもある。 「文の森プロジェクト」 by 株式会社 ハウスプラザ信越さん  ここは日本の木材を使った棺を長野で提供している。   すでに長野の葬儀社に納めているのだが、値段はかなりする。 別に値段はその人の価値観だから問題ない。 日本の農林産業をよくしたいと言うハウスメーカーさんの心遣いから生まれた棺。

Posted in イベント, フォローアップ | Tagged , , , , , , | Leave a comment