Monthly Archives: May 2020

葬儀経営 004 葬祭業は完全競争市場に近い

こんにちは 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です。 この度、葬儀経営の経済学の勉強ビデオをアップしておりまして、今回の内容は市場での葬儀社のビジネススタンスで「競争市場のどの位置にいるか」で、そこに葬儀社を当てはめていく内容です。 前回は「儲かる企業」と「儲からない企業」の話をしました。 まず葬儀社は自由競争の中で生きています。 そして、大企業はいないと言っても過言ではありません。 葬儀社で上場企業は数少ないです。 葬儀社でない上場企業が葬儀部門をやりはじめたところもあります。 それでも10本の指でカウントできます。 さて、競争市場の条件は何かというと大まかにSCPから見ると3つ、RBVから見ると2つ。 この5つに当てはまるかどうかです。 市場に無数の小さい企業がいて、どの企業も市場価格に影響を与えられない 他企業の新規参入のハードル(コスト)が小さい(ない) 企業が提供するサービスや商品に差がない(同品質)、差別化ができない 実はそれ以外にもRBVから見たら追加に 製品、サービスを作るためのの経営資源が他企業よりも安くまたはゼロに近い状態でできる。 他企業の製品やサービスの情報を顧客や同業者が持っている  

Posted in イベント | Tagged , , , , | 1 Comment

葬儀経営 003 儲かるビジネス その2

こんにちは 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です。 この度、葬儀経営の経済学の勉強ビデオをアップしておりまして、今回の内容は「儲かるビジネス」で、そこに葬儀社を当てはめていく内容です。 しかし!ビデオが30分以上にもなってしまい、前編と後編に分けまして、前篇がビジネス全体について、後編が葬儀社って儲かるの?と言う内容です。 第二部(後編)です ここで懺悔(笑) これの内容を書いてアップしたつもりでしたが、書いてなく慌てました。 ビデオはすでに4月27日、先週の月曜日にアップしてありました! 葬儀社はどの立ち位置なのか BC (Before Corona) の場合二極化 大きい葬儀 小さい葬儀 AC (After Corona) の場合 小さい葬儀 小さい式場 長期戦で見た場合 社会的免疫が確立されると普通に戻る予測 現在は、そろそろ火葬場が規制かける 小さい葬儀のみ(10名以下のお別れ) 立ち会い、ほぼなし 拾骨までウロウロするんは禁止 控室もNGだったり 企業が競争優位性を保つにはと考える必要がある ルーチン化させて無駄を省く 勤勉性が必要 数字の管理、経理を見れる仕組みを作る つまりこれはフレームワークなんです SCP (Structured Conduct Performance) を見ると、市場環境は市場構造に直接、短期的な影響を及ぼすと。つまり、未成熟な市場の場合、企業への影響がフィードバックされるのが早く、成果を出すにはPDCAサイクルを高速に回す必要があり常にアップデートを行わねばならない。 結局は、そのフレームワークは「結果的、こういうことである」と示さねばならない。 そこで、対象なのがRBV … Continue reading

Posted in イベント | Tagged , , | Leave a comment