中曽根康弘元首相の国葬について考えてみた

この金額が妥当かどうかが国内で問われていた。
そして海外の葬儀専門サイトのニュースにも取り上げられた。
だが、マスコミってのは別のことが起きるとそっちへ行って別の騒ぎを起こす。
頭が痛いと言って、つま先を思い切ってぶつけると頭の痛いのを忘れてつま先の痛みに集中。
実はこれは医学的に人間の脳を保護するための神経伝達システムであると言われている。
感情もそこに乗っているのではと思うときがしばしばある。

https://connectingdirectors.com/57865-deathcare-controversies-brew-across-the-globe

Japan’s $1.8 Million Funeral for 101-Year-Old Government Retiree

According to UK company Sun Life’s most recent ranking of the average cost of dying, you don’t want to die in Japan. Despite a cremation rate of 99.97%, Japan leads the world in funeral pricing, with an average send-off setting you back about $28,793. So perhaps it shouldn’t be so surprising that the funeral for a 101-year-old former prime minister will cost taxpayers a whopping $1.8 million.

When confronted by “tweeting taxpayers” and some senior political figures about the exorbitant price tag, representatives cite the “great man’s stature” and the “need to hire a giant venue that allowed social distancing.” Justifications aside, the seven-figure funeral has brought Japan’s out-of-whack funeral pricing into the public eye.

It’s not just the overall costs, though, that have Japanese consumers up in arms. It’s the way those costs are imposed. A recent Financial Times article cites non-negotiable $100 tips for hearse drivers, $35 for a small pot of tea, and “arrangements” between funeral homes, hospitals, and venues that leave families feeling powerless to go in a different direction. In fact, quibbling about traditional costs for funerals is actually considered “taboo” in the country.

That taboo is slowly disintegrating, though, as more rankings like Sun Life’s and funeral pricing apps are becoming available. (Ryan Thogmartin, have you ever considered taking Price My Funeral international?). One Japanese funeral home comparison app has made disruption its mission, leading with the thought-provoking slogan: “If you select a funeral without making any comparison, you will feel regret in cost and spirit.” And no one wants that.

実際の費用は二億円だが公金からは約その半分の9600万円。

https://www.nishinippon.co.jp/image/233316/

https://news.yahoo.co.jp/byline/tarobando/20200928-00200496/
歴代比較すると意外と妥当な金額
 そこで約9600万円という国庫負担の額の是非について。合同葬へ一般会計予備費がどれだけ使用されたかを記す「総調書」などによる金額(若干の異なりはご容赦を)と在職日数、当選回数、閣議決定した時の首相を並べてみると
小渕恵三7555万円(616日。在職中死去)当選12回 森喜朗首相
鈴木善幸 5449万円(864日)当選16回 小泉純一郎首相
橋本龍太郎 7702万円(932日)当選14回 小泉純一郎首相
宮澤喜一 7696万円(644日)参院1回 衆院12回 安倍晋三首相
中曽根康弘 約9600万円(1806日)当選20回 菅義偉首相

AbemaTVでも説明もあるが、今の状況(消費税アップ、コロナ禍、景気どん底、税収どん底)でこれを妥当と言えるかは別問題であることは認識していただきたい。

https://times.abema.tv/news-article/8626366

明細は葬儀社は出すでしょうし、未だに明細を見せない葬儀社はそういないはず。
もう一つ見えていないのがご遺体の保管料。
中曽根康弘元首相が亡くなったのが昨年の11月21日、そして11ヶ月間も冷蔵庫で保管していた。
これは誰かの(国ではない)遺体冷蔵庫で保管されていたことになる。
警備もある、電気代もある、更に冷蔵庫に入れたからといって、「ハイ終わり」ではない。
きちんと管理する必要がある。

遺体安置所だからと言ってもたぶん、預かったところはセキュリティの都合とかで他のご遺体を預かることが出来なくなる。つまり機会損失なわけです。
しかも1体だけではなく、複数の冷蔵庫があればすべて使い物にならなくなってしまう可能性も出てくる。
これを330日、一日1対を2万〜3万円で換算したら、11ヶ月で3万として1000万、そして複数のご遺体を預かれなかったら、機会損失としてもし冷蔵庫が3台あったとして合計3000万の請求になる。


税金の無駄遣いとか言うなら、日本が毎日原油の輸入で80億円の赤字が出来ていると数年前は言われた。
この数字の信憑性がないで調べてみたが、実際、昨年の日本の石油輸入額は $73,078M USD。
つまり730億ドル→約7.6兆円と言うことになると日割り加算すると200億円の垂れ流しだ。
https://www.globalnote.jp/post-12074.html

https://www.globalnote.jp/post-12074.html

野党が国会の審議をボイコットしたら1日2億円くらい吹っ飛びます。

見える数字と見えない数字、どっちが大切か?
見えない数字は大きい。

今回の中曽根康弘元首相の葬儀は国葬として扱われたのはそれなりの人であったと言う印だろう。
ちなみに、国鉄を民営化したのも中曽根氏で、三島由紀夫氏が切腹したときの防衛大臣も中曽根氏であった。

確かにコロナ禍で海外からの来賓はないだろうけど、国葬となれば各国の大使等が弔問に訪れる。
これの警備や会場費、その他諸々をどう計上するかを考えるとそれなりの金額になってしまう。
まして、X JapanのHide.氏(当時、別の葬儀社から、うちのスペース品川に持ち込まれて保管された)が、築地本願寺を借りるて確か軽く1億円くらいの葬儀料(そのうち、テント代だけでも1000万はかかったはず)だろうと。ここに警備費や他のことが上乗せされ、まして国葬となれば。

結論は皆さんで出していただきたい。

カテゴリー: イベント

なぜお葬式を仕事にしているの?

Why am I in funeral business?

img_20200731_175137

なぜあなたは葬儀社をやっているのですか?
あなたはなぜこの葬儀社を選ばれたのですか?
お客様はなぜあなたの会社を選ばれたのですか?

一人ひとり答えは違うかと思います。

私の場合は先祖代々葬儀屋さんだった。
物心ついた時点でお葬式の世界にどっぷり浸かっていた。
町中で葬儀屋さんを見分けるくらいできる(現にアキバでそれらしき人が歩いていたら、本当にそれが葬儀屋さんだった)し、子供のころから花環(死語ですね)飾りに行ったり、式場を見て(名前に「ホール」とかなくても)あれは斎場だ、あれは葬儀屋さんの車だとかわかってしまいます。まして、「←◯◯家 ご葬儀」の看板などは必ず見てしまいます。
もちろん、コピー機やカメラメーカの看板も意識の中に入ってしまいます。

今は宗教、葬式、儀礼離れをしている時代です。
それでもあなたは今のお葬式の仕事を続けますか?

お葬式は、人間最期の儀礼です。
先祖を敬うだけではなく、今の人たちをつなげる一大イベントです。
冠婚葬祭は人を一箇所に集めるイベントです。
とくに葬儀は亡くなった人を中心に見知らぬ人たちが一つの場に集まります。
交流するかしないかは関係なく、勝手にその故人やご家族たちに縁があった人たちが集まります。

続きを読む

カテゴリー: イベント

葬儀経営 004 葬祭業は完全競争市場に近い

こんにちは
有限会社ワイ・イー・ワイの和田です。
この度、葬儀経営の経済学の勉強ビデオをアップしておりまして、今回の内容は市場での葬儀社のビジネススタンスで「競争市場のどの位置にいるか」で、そこに葬儀社を当てはめていく内容です。

前回は「儲かる企業」と「儲からない企業」の話をしました。

まず葬儀社は自由競争の中で生きています。
そして、大企業はいないと言っても過言ではありません。
葬儀社で上場企業は数少ないです。
葬儀社でない上場企業が葬儀部門をやりはじめたところもあります。
それでも10本の指でカウントできます。

さて、競争市場の条件は何かというと大まかにSCPから見ると3つ、RBVから見ると2つ。
この5つに当てはまるかどうかです。

  1. 市場に無数の小さい企業がいて、どの企業も市場価格に影響を与えられない
  2. 他企業の新規参入のハードル(コスト)が小さい(ない)
  3. 企業が提供するサービスや商品に差がない(同品質)、差別化ができない

実はそれ以外にもRBVから見たら追加に

  1. 製品、サービスを作るためのの経営資源が他企業よりも安くまたはゼロに近い状態でできる。
  2. 他企業の製品やサービスの情報を顧客や同業者が持っている

 

続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , , , | 1件のコメント

葬儀経営 003 儲かるビジネス その2

こんにちは
有限会社ワイ・イー・ワイの和田です。
この度、葬儀経営の経済学の勉強ビデオをアップしておりまして、今回の内容は「儲かるビジネス」で、そこに葬儀社を当てはめていく内容です。

しかし!ビデオが30分以上にもなってしまい、前編と後編に分けまして、前篇がビジネス全体について、後編が葬儀社って儲かるの?と言う内容です。

第二部(後編)です

ここで懺悔(笑)
これの内容を書いてアップしたつもりでしたが、書いてなく慌てました。
ビデオはすでに4月27日、先週の月曜日にアップしてありました!

葬儀社はどの立ち位置なのか

  1. BC (Before Corona) の場合二極化
    1. 大きい葬儀
    2. 小さい葬儀
  2. AC (After Corona) の場合
    1. 小さい葬儀
    2. 小さい式場
  3. 長期戦で見た場合
    1. 社会的免疫が確立されると普通に戻る予測
    2. 現在は、そろそろ火葬場が規制かける
      1. 小さい葬儀のみ(10名以下のお別れ)
      2. 立ち会い、ほぼなし
      3. 拾骨までウロウロするんは禁止
      4. 控室もNGだったり

企業が競争優位性を保つにはと考える必要がある

  1. ルーチン化させて無駄を省く
  2. 勤勉性が必要
  3. 数字の管理、経理を見れる仕組みを作る

つまりこれはフレームワークなんです

SCP (Structured Conduct Performance) を見ると、市場環境は市場構造に直接、短期的な影響を及ぼすと。つまり、未成熟な市場の場合、企業への影響がフィードバックされるのが早く、成果を出すにはPDCAサイクルを高速に回す必要があり常にアップデートを行わねばならない。

結局は、そのフレームワークは「結果的、こういうことである」と示さねばならない。

そこで、対象なのがRBV (Resource Based View)

SCPは市場に目を向けて、思考の軸をベースにしています。
RBVは社内のリソースがベースです。
つまり内部の経営資源に着目を置いています。

では、ここで葬儀社にどう当てはめられるか

SCPで考えると年々死亡件数は上がりつつあり、すでに138万人の市場があるので参加する。

RBVを軸にすると、式場を持つ葬儀社の数、葬儀社全体の数でこれから増える死亡者数を処理できるか。つまりリソースが足らなければ市場に参加する人たちで補えば良いのだが、問題は儲かるビジネス構造なのか。

葬儀社はそうでないと思う。

今、大きい式場は敬遠されている。
まして、この数年間はコロナの影響で倒産や廃業が増える。

景気はすでにマイナスへの下方修正。

人への投げ銭(サポート)よりも自分の背に腹は代えられない時代。

SCP対RBVのどっちかを論するのは野暮であり、不毛でもある。

そこは目的と手段の両立、戦略と戦術でもある。

葬儀社としては大まかな経営戦略は必要ではあるが毎日の戦術は欠かせない。

つまり、日々に於いては情報の経営が必要である。

どういう人達を対象にどのようなチラシをどの地区へ撒くとかである。

しかし、そこには常に不確実性があり、ハイリスク・ローリータンなら避ける考えをすることが必要。

これは斎場をどこに出すかと言う展開と一緒だ。

レバレッジが効かない場合、ここは一度、ゲーミフィケーションで仮設を立てて見る必要がある。

カテゴリー: イベント | タグ: , ,

葬儀経営 003 儲かるビジネス その1

こんにちは
有限会社ワイ・イー・ワイの和田です。
この度、葬儀経営の経済学の勉強ビデオをアップしておりまして、今日の内容は「儲かるビジネス」で、そこに葬儀社を当てはめていく内容です。

しかし!ビデオが30分以上にもなってしまい、たぶん、最後まで誰も見ないだろうと。(笑)
苦肉の策で、ちょうど良いタイミングで切るタイミングを発見。

第一部です

詳しくはビデオをご覧になってください。

続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , ,

葬儀経営 002 理論ドリブンは三密から

こんにちは
有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
昨日は暖かく、多くの人たちが海岸に押し寄せまして、湘南では、まさしく三密の状態を作っていました。
ナンとかならないかなと思うところでした。
さて、第2段は理論ドリブン市場をどう展開するかの話になります。

理論ドリブンとは、モーティブ(意欲)であり、トリガー(引き金)を発生します。
そのトリガーが現象ドリブンとなり、様々な事象・事案を発生いたします。
そこの中に、「社会」「経済」「心理」が経営学の本質として必要となります。

大切なのは、常に「何故」(WHY)を探り、掘り続けることが必要です。

今回のお話は:

続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , ,

葬儀経営 001 葬儀経営と葬儀理論

こんにちは
有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
コロナ騒動で経済も落ち込む中、葬儀社も戦々恐々としています。
我々も防護服がより必要となったのはいうまでもありません。
神奈川県(東京都以外)は葬儀屋さんが司法解剖などを手伝うのです。
違法ではないのです。
何故ならば、そこにいる監察医の指導の下で手伝いをしているからですが、今回は流石にドキってします。
私も、現場に足を踏み入れたら、血の海のところだったこともあります。

2020-04-13 16.24.56

さて、そんなグロい話をするのではなく、今回は「葬儀経営」と「葬儀理論」を通じて「葬儀経営理論」のお話をシリーズにてしていきたいと思いました。
中身はYouTubeにてお話をしているのでぜひ見ていただけると助かります。
ちなみに、私のYouTube登録者数は本日2020/04/13を以って233名なので、YouTubeでは広告収入は一切入りませんので、これこそ自分のノウハウをさらけ出している状態なのでご安心ください(笑)

続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , ,

毎日更新のポッドキャスト

葬儀のこと、相続のこと、終活のことを3月2日から毎日更新しています

img_20200316_161418

ぜひこちらにて:
https://jfuneral.com/podcasts/

ブログとしては https://jfuneral.blogspot.com に記載しています

ぜひお楽しみください

 

カテゴリー: イベント | タグ: , ,

葬儀保険は互助会に代わるもの?

色々と相談がくるのでザクっと書いちゃいます!
って言うよりもYouTubeを見てください。

互助会は積立金制度です。
役務であるのに、割賦販売法が許しています。
これは葬儀の価格が高かったから、分割で支払いを可能にしたものです。
しかし、すでに30年くらいは新たに互助会を許可していません。
国としては「しない」のではなく、「させてない」=「許可を得るのに非常に厳しくしている」ってことです。

葬儀保険(AFLACやIF共済などがあります)がそれは本当に葬儀社のためなのか?
それとも銀行系の信託や保険がいいのか?
葬儀屋さんとしてオススメは銀行系だろうなと。

葬儀保険は誰が得するのか?
本当は消費者だろうが、葬儀屋さんもお得でないと売らないよ。
その保険を売るのが保険外交員ではなく、葬儀屋さんなんだから。

 

カテゴリー: 業務 | タグ: , , , ,

Hotel for the dead

Have you ever heard of “Corpse Hotel” in Japan?
遺体ホテルというのを聞いたことがありますか?

It’s not so odd and rare in Japan. It’s been around for many years.
日本ではそれほどおかしくも珍しくもありません。実は昔から存在していました。

These are places where undertakers bring bodies for night or so, or even weeks, sometimes months for storage of bodies that haven’t received a permission of cremation under many different reasons.
遺体安置所には様々な理由で火葬できないご遺体を預かる場所で、一泊二日もあれば何週間、いや何ヶ月という場合もあります。

In other than Japan, “corpse hotel” seems odd but it’s the waiting line for cremation!
日本以外では「遺体ホテル」は珍しいみたいですが、実際は火葬の順番を待つ場所なだけです。

カテゴリー: 霊安室, POI, 業務 | タグ: , , , , ,