野焼きの火葬場ってあります!

日本ではありえないことですが、海外では意外と多い。

米国の火葬比率が55%です。
多いところでは80%や90%くらいの火葬。
少ないところでも30%。
平均で55%というくらいです。

さて、皆さん、ヒンズー教徒がガンジス川でどのように見送るかご存じでしょうか?
私も実際は現場を見たことがないのですが、行った人たちの映像は見ています。
それは、それでその国の文化や経済発展、更に民族事情があるからでしょう。

Please subscribe to my YouTube Channel

現在、米国で野焼きの火葬場が許可されているのは1箇所である。
それはコロラド州のクレストンというコミュニティである。
Crestone End of Life Project (略してCEOLP) である。

https://informedfinalchoices.org/crestone/

その次に現在、申請中が北東のメイン州のある墓地である。

そもそもなぜ、今、米国で野焼きの火葬を望むのか?

昨今、Star Wars でジェダイ(アナキン・スカイウォーカー — はい、ダース・ベイダー)の葬りで野焼きをした場面があったり、Game of Thronesの映画でもそういう場面が出てきているからの影響だろうと考えられる。


北斗の拳でレイの最期で死にゆく場面でケンシロウが家に火を点けて、燃やした場面ばある。
これは住宅火災に似た感じだが、今回の場合はちょっと違う。

Continue reading
Posted in フォローアップ, POI | Leave a comment

京都府宇治市で火葬場での悲劇

ピンポンパンポーン♪

「XXX様、お骨上げの準備が出来ましたのでご確認をお願いします」

っていう案内が内部で流れて、係員がそこの遺族代表(喪主)を呼び出しに行き、火葬が終わったので間もなくお骨上げの準備ができるので、控室の皆様にはお部屋の移動の準備をお願いをします。

って、それが通常のプロトコルなんですが(場所によっては、呼び出しがインターフォン経由だったりします)、今回、どうしてそうなった?

事件が起きたのは昨年11月だった。

遺骨がない!
Continue reading
Posted in 業務, 気になること | Tagged , , | Leave a comment

日本石材工業新聞さんに寄稿いたしました

日本葬送文化学会からの繋がりで通称その筋?の人たちには「仙人」と呼ばれています内藤理恵子さんのご紹介により米国と日本の遺影とお墓についての内容で執筆いたしました。

日本石材工業新聞 2021年3月15日 2239号

日本の墓石は遺影がありません。
欧米の墓石は遺影があったりします。
この差はなぜでしょうか?

Continue reading
Posted in イベント | Tagged , , , | Leave a comment

感動労働者である葬儀屋さん

お葬式は誰が何のためにするのかを考えたことがありますか?
もちろん、それは弔いの意味もあります。
しかし、弔いは何のためにあるのか?
そして誰が誰に向けて行っているのかを。
それを考えない限り、葬儀は成り立たない。

YEY Business 葬儀社は感動労働者

葬儀屋さんは自分の仕事で、この状況を理解されていない限り、葬儀も弔いも必要ないことになります。

さて、ここで葬儀屋さんは「感動労働者」である意味はナンであろうか?
聞き慣れない言葉ですよね

Continue reading
Posted in フォローアップ, 業務 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

葬儀屋さんの商品はなに?

葬儀もいらない、弔いもいらない時代と言われてしまってます。
そんなのって辛くありませんか?
愛する人をただ捨てに行くって言う感じの。

いや、奥様からしてみたら長年亭主関白でイビられていたら、旦那はクズと一緒で可燃ごみの日にそのまま出したいと思うでしょう。

では、葬儀屋さんからの立場で見たら、どうなのか?
これもまた微妙ですよね。

その中で、葬儀屋さんの商品はナニでしょうか?
葬儀、そのものなんです。
位牌、仏壇などの販売もありますが、それは葬儀をやったご家庭でないと必要ないわけです。
仏壇だけなら、仏壇屋さんへ直接行きます。

お葬式ビジネス講座にぜひ登録してください

葬儀屋さん、あなたの商品はなにですか?

Continue reading
Posted in フォローアップ, POI, 業務 | Tagged , , , | Leave a comment

多くの日本の社長の勘違い

社長の勘違いと言うのか、日本語の問題かなって言うのがあります。
何故ならば、明確にその違いが日本語ではないからです。
そもそも、それがすべて「営業」というくくりだったから。
それは、一人でいくつもの作業をしているから。

日本のほとんどと言ってもいいくらいが中小零細企業の数です。
「ほとんど」ってどのくらいなのか?
99%です。
しかし、雇用数の面で見ると大企業は約3割の人を雇用しています。
それだけ大企業に人がいるということですが、今はどうなのか・・・

少し古い情報(平成26年なので5年くらい前の数字)を紹介します。

http://jobgood.jp/chusho#:~:text=%E5%89%B2%E5%90%88%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%A8%E3%80%81%E5%A4%A7,%E3%82%92%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

さて、その場合、中小零細企業の社長たちの意識はどうなのでしょうか?

Continue reading
Posted in 業務 | Tagged , , , , | Leave a comment

未来の自分への手紙は逆エンディングノート

エンディングノートってどうしても、過去からスタートします。
実際、そういうものであるから仕方ないのですが、当社が推奨するQoD(Quality of Death)をよくする「死に方改革®」的に考えて、未来を見つめてみませんか?

未来の自分がどうありたいか、そして自分だけではなく、家族への思いを未来に語ってみませんか?

自由丁のご紹介

蔵前駅から徒歩数分のところにちょっとした古民家的な建物(実際は古民家ではないけど)の1階にコワーキングスペースみたいなところとしても活用できて、且つ本を読んだりすることが可能で、そこで未来の自分宛てに手紙を書く。

手紙は1年後に届きます。
一種のタイムカプセルみたいなもんかな。

自由丁は台東区蔵前4-11-2
Continue reading
Posted in イベント, POI | Leave a comment

ニューノーマルの営業方法

新型コロナウィルスが検出され、ちょうど1年になりました。
日本でも約35万9千人の方々が罹患しました。
実際、隠れコロナと呼ばれる人(無症状だったり病院に行かなかく治ってしまった人)は4倍くらいはいるだろうと言われています。(この数字の根拠は私はわかりませんが)。

だとしても、公の数字だけを見ても、国民の0.299%がこのウィルスに感染したと言うことになります。
1億2千万人の人口と考えと、感染者数は334人に1名と言う数字になります。
もしこれが4倍いたとしたら、約84人に1人がすでに感染している。
実際、罹患者の数ではなく死亡者数の数で考えねばならないです。
死亡者数が(ダイヤモンド・プリンセス号を入れて5010名。

しかし、コロナの影響もあり自死も増えている。
警察庁の自殺者数速報によると昨年で2万人を超えた。
東京、神奈川、埼玉、愛知、千葉の順番でトップを飾る。

2020年は20,919名の自殺者数(画像をクリックするとPDFがダウンロードされます)

さて、コロナにて新しい営業方法が必要不可欠となりました。
今まで人に会うこともなく、インサイドセールスがより重要な時代にと変わりましたのは言うまでもありません。
そこで何をせねばならないか具体的に話をしましょう。
葬儀社も同じ手法を使って営業可能です。

Continue reading
Posted in SNS, 業務 | Tagged , , | Leave a comment

お墓参りもバーチャルの時代

どのように追悼するか

Facebookが一般に利用されるようになって(日本では10年前はそうでもなかった)、追悼の儀式に変化が起きました。
それはそうでしょうね、亡くなったことを後から知った人はどこにお参りをするのかって悩んだことがあるかと思います。
年賀状のやり取りだけしか行っていない人たちなら、遺族の住んでいる場所すらわからないこともしばしば。

Facebookのアカウントは遺族が申請すれば「カノナイズ(canonize)」することができて、その時点で友達であった人以外にはアカウントが存在しないようにすることが可能である。
つまり、「天国へ連れて行き、聖人にする」と言う意味だ。

そこで「お墓参り」はどうなの?

今は21世紀、しかも日本のケータイ回線も100Mbpsを超えるところあるし(逆にちょっとしたWiFiのほうが遅い!)、自宅にも1Gbpsの光ファイバーが張り巡らされていることもある。
我が家なんか1GB x2(Nuro)が入っており、固定は私が使い、DHCPは子供が大学の授業を受けるために利用していて、回線を使い分けている。

お墓参りだってわざわざ行く必要もなくなってきた時代だ。
私の友人の石材店(山梨県甲府市「石の声」)が平成20年(2008年)に墓石にQRコードを入れてネット上にて故人の写真やビデオを流れるような仕組みを紹介し日本外国特派員協会の会報誌にまで取り上げられた。
QRコードはタイルに焼いて墓石に貼り付けた。

http://ishinokoe.co.jp/00012/002qr/

FCCJの会誌の記事はすでにアーカイブにも残っておらず(システムの再構築で失われました)、紹介することが出来ないのが残念です。

ところで、みなさんはお墓参りには行かれますか?

Continue reading
Posted in イベント, フォローアップ | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

葬儀社と連携するビジネス展開

日本の葬送ビジネスは特殊な事情でなりたっています
そこでビジネス展開をすると言うのは非常に面倒くさいのが、誰にどうつながればいいのかがなかなか外部からではわからない。
そういうときにエキスパート(水先案内人)が必要なんです。

既存の葬儀社の社員が葬儀社を始めるのはそう難しいことではありません。
さらに、葬儀社へすでにものを納めている会社(花屋さん、仏壇や位牌屋さん、仕出し屋さん、返礼品屋さんなど)は取引がわかっているので難しくはありません。

しかし、何が難しいかと言うと、それ以外のはじめて技術を提供している新参の会社さんはどこに何を聞けばいいのかわかりません。
どの産業でも同様ですが、葬祭業の仕組みは上下関係よりも横の関係で連携プレーを取っているからです。葬儀屋さんとしては、ITが本当に必要なのかというと、あったら便利程度だからなのです。

だからこそ今ままで社会変動があっても茹でガエル状態にならなかったとも言えます。
しかし、これからは違います。

Continue reading

Posted in 業務 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment