Monthly Archives: February 2021

感動労働者である葬儀屋さん

お葬式は誰が何のためにするのかを考えたことがありますか?もちろん、それは弔いの意味もあります。しかし、弔いは何のためにあるのか?そして誰が誰に向けて行っているのかを。それを考えない限り、葬儀は成り立たない。 葬儀屋さんは自分の仕事で、この状況を理解されていない限り、葬儀も弔いも必要ないことになります。 さて、ここで葬儀屋さんは「感動労働者」である意味はナンであろうか?聞き慣れない言葉ですよね

Posted in フォローアップ, 業務 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

葬儀屋さんの商品はなに?

葬儀もいらない、弔いもいらない時代と言われてしまってます。そんなのって辛くありませんか?愛する人をただ捨てに行くって言う感じの。 いや、奥様からしてみたら長年亭主関白でイビられていたら、旦那はクズと一緒で可燃ごみの日にそのまま出したいと思うでしょう。 では、葬儀屋さんからの立場で見たら、どうなのか?これもまた微妙ですよね。 その中で、葬儀屋さんの商品はナニでしょうか?葬儀、そのものなんです。位牌、仏壇などの販売もありますが、それは葬儀をやったご家庭でないと必要ないわけです。仏壇だけなら、仏壇屋さんへ直接行きます。 葬儀屋さん、あなたの商品はなにですか?

Posted in フォローアップ, POI, 業務 | Tagged , , , | Leave a comment

多くの日本の社長の勘違い

社長の勘違いと言うのか、日本語の問題かなって言うのがあります。何故ならば、明確にその違いが日本語ではないからです。そもそも、それがすべて「営業」というくくりだったから。それは、一人でいくつもの作業をしているから。 日本のほとんどと言ってもいいくらいが中小零細企業の数です。「ほとんど」ってどのくらいなのか?99%です。しかし、雇用数の面で見ると大企業は約3割の人を雇用しています。それだけ大企業に人がいるということですが、今はどうなのか・・・ 少し古い情報(平成26年なので5年くらい前の数字)を紹介します。 http://jobgood.jp/chusho#:~:text=%E5%89%B2%E5%90%88%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%A8%E3%80%81%E5%A4%A7,%E3%82%92%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82 さて、その場合、中小零細企業の社長たちの意識はどうなのでしょうか?

Posted in 業務 | Tagged , , , , | Leave a comment

未来の自分への手紙は逆エンディングノート

エンディングノートってどうしても、過去からスタートします。実際、そういうものであるから仕方ないのですが、当社が推奨するQoD(Quality of Death)をよくする「死に方改革®」的に考えて、未来を見つめてみませんか? 未来の自分がどうありたいか、そして自分だけではなく、家族への思いを未来に語ってみませんか? 蔵前駅から徒歩数分のところにちょっとした古民家的な建物(実際は古民家ではないけど)の1階にコワーキングスペースみたいなところとしても活用できて、且つ本を読んだりすることが可能で、そこで未来の自分宛てに手紙を書く。 手紙は1年後に届きます。一種のタイムカプセルみたいなもんかな。

Posted in イベント, POI | Leave a comment