POI

お寺がお布施で電気代を払えない時代

投稿日:

さて、この状態はどういうことなのか?

過疎地にあるお寺は非常に経営が難しいのです。
そういうところで、何ができるか。
他のお寺の檀家さん(ご門徒さん)を奪うことはできない。
まして、すごく閉鎖的な社会でもある。

私が聞いているポッドキャストの一つで「Temple Morning Radio」というのがあります。

ぜひ、このエピソードを聞いていただきたい。

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/temple-morning-radio/id1522648631?i=1000546365277

鳥取県八頭町の浄土真宗本願寺派 光澤寺の住職が苦し紛れで宿坊を作ったお話です。

日本で決済権を持っている人が60代、70代です。
こういう人たちが未だに牛耳っていて、日本以外世界が変わっているけど、日本の社会が気づいていない。最近、デジタル庁や法務省で著作権違反をしているくらいです。それだけ意識が低い。

続きを読む »

お寺と葬儀社のマーケティングは似ている

投稿日:

たぶん、多くの葬儀社の方々が気づいていらっしゃらないと思うのは、お寺に親戚がいないからかな。
実は私の従兄弟が横浜のお寺の住職をしています。
彼は真言宗高野山派でが、どの宗派も関係なく今、お寺の維持管理で難しいかと。

築地本願寺

どうするお寺、どうする葬儀屋さん?

さて、今日のお話は葬儀屋さんのマーケティングと似ているのは「客よ、来い!」とは大っぴらに言えないし、客なのか弔問客(これも「客」)、ご門徒さんなのか・・・という議論が根強い。
更に役務は英語ではServiceという。

今回の話はそこの表面だけを話したいと思います。

続きを読む »

番外編 jFuneral New ビジネスポッドキャスト 20211017

投稿日:

二日遅れでアップ

「お葬式の費用はいつ支払うの?」

Photo by Kampus Production on Pexels.com

友人から電話があり、相談に乗りました。
ご葬儀が終わってからいつのタイミングで支払いを済ませばよいのか?

それは葬儀屋さんと間に入っているブローカーとの条件だったり、葬儀の規模だったり色々とあります。

クレカ払いが出来ますか?というのもあります。

もちろん、できますが、審査が通らない人もいます。

普段は振り込みとしてお願いしています。
以前は請求書届けのときに現金でお支払いされるお方が大勢いらっしゃいました。
場合によっては350万以上とか・・・いや、気が遠くなります(笑)
そのときに、仏壇のご注文までいただくことが。

なぜお客様が現金でその場で支払いたいかと言うと、銀行口座の問題もあったり、実は使い込んでしまいそうだからです。
ご家族の事情は色々とありますが、香典のおカネはすぐに消えるというのが世の常です。

野焼きの火葬場ってあります!

投稿日:

日本ではありえないことですが、海外では意外と多い。

米国の火葬比率が55%です。
多いところでは80%や90%くらいの火葬。
少ないところでも30%。
平均で55%というくらいです。

さて、皆さん、ヒンズー教徒がガンジス川でどのように見送るかご存じでしょうか?
私も実際は現場を見たことがないのですが、行った人たちの映像は見ています。
それは、それでその国の文化や経済発展、更に民族事情があるからでしょう。

Please subscribe to my YouTube Channel

現在、米国で野焼きの火葬場が許可されているのは1箇所である。
それはコロラド州のクレストンというコミュニティである。
Crestone End of Life Project (略してCEOLP) である。

https://informedfinalchoices.org/crestone/

その次に現在、申請中が北東のメイン州のある墓地である。

そもそもなぜ、今、米国で野焼きの火葬を望むのか?

昨今、Star Wars でジェダイ(アナキン・スカイウォーカー — はい、ダース・ベイダー)の葬りで野焼きをした場面があったり、Game of Thronesの映画でもそういう場面が出てきているからの影響だろうと考えられる。


北斗の拳でレイの最期で死にゆく場面でケンシロウが家に火を点けて、燃やした場面ばある。
これは住宅火災に似た感じだが、今回の場合はちょっと違う。

続きを読む »

葬儀屋さんの商品はなに?

投稿日: 更新日:

葬儀もいらない、弔いもいらない時代と言われてしまってます。
そんなのって辛くありませんか?
愛する人をただ捨てに行くって言う感じの。

いや、奥様からしてみたら長年亭主関白でイビられていたら、旦那はクズと一緒で可燃ごみの日にそのまま出したいと思うでしょう。

では、葬儀屋さんからの立場で見たら、どうなのか?
これもまた微妙ですよね。

その中で、葬儀屋さんの商品はナニでしょうか?
葬儀、そのものなんです。
位牌、仏壇などの販売もありますが、それは葬儀をやったご家庭でないと必要ないわけです。
仏壇だけなら、仏壇屋さんへ直接行きます。

お葬式ビジネス講座にぜひ登録してください

葬儀屋さん、あなたの商品はなにですか?

続きを読む »

未来の自分への手紙は逆エンディングノート

投稿日:

エンディングノートってどうしても、過去からスタートします。
実際、そういうものであるから仕方ないのですが、当社が推奨するQoD(Quality of Death)をよくする「死に方改革®」的に考えて、未来を見つめてみませんか?

未来の自分がどうありたいか、そして自分だけではなく、家族への思いを未来に語ってみませんか?

自由丁のご紹介

蔵前駅から徒歩数分のところにちょっとした古民家的な建物(実際は古民家ではないけど)の1階にコワーキングスペースみたいなところとしても活用できて、且つ本を読んだりすることが可能で、そこで未来の自分宛てに手紙を書く。

手紙は1年後に届きます。
一種のタイムカプセルみたいなもんかな。

自由丁は台東区蔵前4-11-2
続きを読む »

Hotel for the dead

投稿日: 更新日:

Have you ever heard of “Corpse Hotel” in Japan?
遺体ホテルというのを聞いたことがありますか?

It’s not so odd and rare in Japan. It’s been around for many years.
日本ではそれほどおかしくも珍しくもありません。実は昔から存在していました。

These are places where undertakers bring bodies for night or so, or even weeks, sometimes months for storage of bodies that haven’t received a permission of cremation under many different reasons.
遺体安置所には様々な理由で火葬できないご遺体を預かる場所で、一泊二日もあれば何週間、いや何ヶ月という場合もあります。

In other than Japan, “corpse hotel” seems odd but it’s the waiting line for cremation!
日本以外では「遺体ホテル」は珍しいみたいですが、実際は火葬の順番を待つ場所なだけです。