Category Archives: POI

野焼きの火葬場ってあります!

日本ではありえないことですが、海外では意外と多い。 米国の火葬比率が55%です。多いところでは80%や90%くらいの火葬。少ないところでも30%。平均で55%というくらいです。 さて、皆さん、ヒンズー教徒がガンジス川でどのように見送るかご存じでしょうか?私も実際は現場を見たことがないのですが、行った人たちの映像は見ています。それは、それでその国の文化や経済発展、更に民族事情があるからでしょう。 現在、米国で野焼きの火葬場が許可されているのは1箇所である。それはコロラド州のクレストンというコミュニティである。Crestone End of Life Project (略してCEOLP) である。 https://informedfinalchoices.org/crestone/ その次に現在、申請中が北東のメイン州のある墓地である。 そもそもなぜ、今、米国で野焼きの火葬を望むのか? 昨今、Star Wars でジェダイ(アナキン・スカイウォーカー — はい、ダース・ベイダー)の葬りで野焼きをした場面があったり、Game of Thronesの映画でもそういう場面が出てきているからの影響だろうと考えられる。 北斗の拳でレイの最期で死にゆく場面でケンシロウが家に火を点けて、燃やした場面ばある。これは住宅火災に似た感じだが、今回の場合はちょっと違う。

Posted in フォローアップ, POI | Leave a comment

葬儀屋さんの商品はなに?

葬儀もいらない、弔いもいらない時代と言われてしまってます。そんなのって辛くありませんか?愛する人をただ捨てに行くって言う感じの。 いや、奥様からしてみたら長年亭主関白でイビられていたら、旦那はクズと一緒で可燃ごみの日にそのまま出したいと思うでしょう。 では、葬儀屋さんからの立場で見たら、どうなのか?これもまた微妙ですよね。 その中で、葬儀屋さんの商品はナニでしょうか?葬儀、そのものなんです。位牌、仏壇などの販売もありますが、それは葬儀をやったご家庭でないと必要ないわけです。仏壇だけなら、仏壇屋さんへ直接行きます。 葬儀屋さん、あなたの商品はなにですか?

Posted in フォローアップ, POI, 業務 | Tagged , , , | Leave a comment

未来の自分への手紙は逆エンディングノート

エンディングノートってどうしても、過去からスタートします。実際、そういうものであるから仕方ないのですが、当社が推奨するQoD(Quality of Death)をよくする「死に方改革®」的に考えて、未来を見つめてみませんか? 未来の自分がどうありたいか、そして自分だけではなく、家族への思いを未来に語ってみませんか? 蔵前駅から徒歩数分のところにちょっとした古民家的な建物(実際は古民家ではないけど)の1階にコワーキングスペースみたいなところとしても活用できて、且つ本を読んだりすることが可能で、そこで未来の自分宛てに手紙を書く。 手紙は1年後に届きます。一種のタイムカプセルみたいなもんかな。

Posted in イベント, POI | Leave a comment

Hotel for the dead

Have you ever heard of “Corpse Hotel” in Japan? 遺体ホテルというのを聞いたことがありますか? It’s not so odd and rare in Japan. It’s been around for many years. 日本ではそれほどおかしくも珍しくもありません。実は昔から存在していました。 These are places where undertakers bring bodies for night or so, or even weeks, sometimes … Continue reading

Posted in 霊安室, POI, 業務 | Tagged , , , , , | Leave a comment

Ai普及センターをご存じですか?

昨今、Aiと言えば、AI(人工知能)を意味しますがAIの略はたくさんあります。 その業界に携わる人の認識にてかなり違います。 デザイナーならAdobe Illustrator! Air India(インド航空)ってのもあります。 Army Intelligence(陸軍諜報部)なんてものを。 さて、葬儀業界でAi(iは小文字)はなんでしょうか? Autopsy Imaging です。 そういう言葉があるというのがあるのを知っていますか?   これは日本語で言えば「死亡時画像診断」のことである CTやMRI等の画像診断装置を用いて遺体を検査し、死因究明する検査方法。 解剖せずに外見ではわかりづらい死因を究明するのに利用しています 児童虐待見逃すな!小児センターで広がる「Ai検査」古い暴行痕や隠れた死因解明 遺体を損壊する必要がないが、万全ではない。 まして、解剖したほうが費用が安くあがるのと早いこともある。 そして、装置以外に放射線技師を入れる必要があり、コストがかさむ。 Wikiに書かれている「オートプシー・イメージング」はこちらです 現在の国内でCT及びMRIの普及率を調査する必要がある 2005年時点での日本国内のCT普及率は人口100万人あたり92.6台、MRIは35.3台と国際的な平均値の6 – 7倍と格段に多い数値(OECD調べ)であり、環境そのものは十二分に整備されている。 2005年の情報は上記、Wikiにかかれていて、日本はかなり普及しているとのことです。 更に、検案や解剖が必要な数はどれくらいあるのでしょうか? 実は、監察医が少ないため、どこで見た数字かは憶えがないのですが、15%程度だと。 信憑性あるなしに関わらず、問題は死因がつかめないだけではなく、監察医が少ないことです。 更に監察医も警察も忙しいので警察が提示した状況が証言となり、そのまま事件性があってもなく死亡検案書などが発行されてしまうこともあります。 この間違った内容で裁判になったところは私の記憶の中でも2件あります。 しかも業界では有名な話なので、個人やご家族を特定できてしまうので割合します。 一般社団法人 Ai情報センター及び学会が存在しますのでご参考になさってください。

Posted in 霊安室, POI, 学術 | Tagged , , | 1 Comment

葬儀屋さんのSDGs

そもそもSDGsってナニ? 驚いたことにSDGsってあれだけ騒がれていても知らない人が大半だった。 それはテレビでもネットでもあまり見ないからか? TwitterでもFacebookでもあまり見かけない用語なのでそれほど一般的に普及していない。 では会社などでは? 中小零細企業が多い日本では本当に聞かない言葉である。 朝日新聞社が2019年8月に東京都と神奈川県住まいの3000人にネットで聞き込み調査をしたら、認知率が27%だったらしい。 どうやらあまり学校でも教えてないらしい。 SDGsどころかミレニアム開発目標ですらないだろう(笑) しかし、最も低かった年齢層は60歳以上の高齢者らしい。 先月末に名古屋へ親しい友人の誕生日会にて訪れた。 そこには前神奈川県知事、現参議院議員の松沢成文さんや名古屋市の河村市長などもお祝いに出席されていた。実は私はその二人の間の席だったので驚いた。 そのパーティで挨拶をしていた人、一人にSDGsのバッジを着けられていた方がおり、「このバッジなんだかご存じですか?」と聞かれたので「SDGsのですね!」と答えましたら「よくご存じですね」と。 私はそれまで当たり前だと思っていたことで驚いたのは、名古屋では認知率が15〜6%だということでした。いや、それは本当に驚きました。 実は「葬儀社のSDGs」についてはすでに1年前にメモを取りながら私の中で温存しておいた。 このSDGsの課題が上がらなければ当分日の目を見ることがなかっただろうかと。 その状態だったので書かずにいられなくなった。 国連が2015年に定めたSDGsは17のゴール、169項目の目標(ターゲット)がある。 これが今までのミレニアム開発目標からバトンタッチした内容である。 詳しくは Wiki を見ていただければいいです。ここでは割合いたします。

Posted in POI | Tagged , , , , , | Leave a comment

Where do bodies go? (ENGLISH)

In Japan, during the end of December and during the first 3 days of January, where government offices close, there is a problem of overflowing of deceased. https://jfuneral.blogspot.com/2020/01/homeless-bodies.html Simple reason is that crematorium also closes and there are no funerals … Continue reading

Posted in POI | Tagged , | Leave a comment

終活とはなんぞや?

終活の就活? いや、それ本末転倒でしょ?って思われるけど、実際そうでもないんです。 とくに終活カウンセラー協会から資格を得た(民間資格ですよ)人たちは自分たちが学んだことを実践したいと思われるわけです。 実際、すべての資格はそうです。 そでなければ取得した意味がないわけです。 英検なんかは最前線。 さて、今回は終活のお話しです。 終活は葬儀屋さんに行けばいいの? それとも仏壇屋さん、どこ? 突然「終活だ〜!」と言われてもどこからスタートして良いのかわかりませんよね。 突然、エンディングノートセミナーへ行ってもわからないことだらけ。 どんなエンディングノートがあって、どうやって書いていいのかも。

Posted in POI, 業務, 気になること | Tagged , , , | Leave a comment

生前相談・予約・契約

多くの人たちが日本の葬儀で生前相談、生前予約、生前契約について迷っているかと思います。日本ではこの3種類があり、更に契約というのがどういうものなのか、そして葬儀の前払いについて不透明なことが多いです。 生前葬ではありません これは生前中に人生の「お疲れさん会」をすることです 亡くなった時点で最低限の葬儀(出棺葬)はします まず、英語では「Pre-Need」と言います。 とくにアメリカでは葬儀社は届出制ではなく、医者・弁護士と同様に葬祭ディレクターは免許制で、それくらい地位が高い職業であり、相談するだけで費用が発生することもあります。つまり医者や弁護士に相談と一緒です。 さて、海外の葬儀のことはそこまでにして、日本の葬儀はとなりますと、今日にでも手を上げれば葬儀社を営むことができます(運営できるとは別ですが)。 その葬儀社で亡くなる前にご自身、ご家族の葬儀の相談・予約・契約をどうするのか説明いたします。 そもそも、契約でお金が発生するのか?契約とはどういうものなのか? その預けたお金は大丈夫なのかなどを考える必要があります。

Posted in POI | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

お葬式で困ったこと

お葬式で困ったことが圧倒的に多いのは・・・ 「お葬式で困ったこと」でGoogle検索かけますと葬儀の値段よりも ダントツで「お布施・心付け」です さて、何故でしょうか? それは、普通、葬儀社が関与してはならないお寺と遺族との間だからです。

Posted in POI | Tagged , , , | Leave a comment