Podcast 2021年度 エピソード13 葬儀社のUSPパート2

広告

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード13 「葬儀社のUSP パート2」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。

今日は 2021年7月10日 です

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 和田裕助

同じ内容でYouTubeも久しぶりにアップしました。

実際、1ヶ月前のエンディング産業展の映像は未だにアップできていないのと、4日の日曜日にHDDが同時に2台吹っ飛んだので、復旧も含めてナンとかサルベージできないかと・・・結論出来ませんでした。

さて、ポッドキャストでは前回のお話、エピソード12は「葬儀社のUSP」でした。
YouTubeの方々は jFuneral で podcastで検索していただけるとありがたいです。


今回のお話はその続きのUSP パート2です。

まず、USPとは(Unique Selling Proposition) で、独自の強さのセールスポイントですよね。

さて、葬儀屋さんのUSPは何かと深掘りしてみました。
どの道、USPってのは他社もそれを見て、美味しいって思ったらみんな同じことをします。

なので、「ユニーク」ではならなくなりますが、先駆者の強みがあります。

製造業を見たらわかりますよね。
同じものを並んでだします。

私もプリンタやコピヤを開発していたので。みんないいと思ったら追従してきます。

前回のUSPを考える8つの要素を思い出していただいたでしょうか?

実は、今日、家電量販店に家庭用のファクス・プリンタを買いに行きました。

我が家のものの液晶がダメになって、プリンタと単なるファクスを受け取る機能だけなら問題ないのですが、タッチパネルが映らないからコピーや送信機能として使えないわけです。

って言うことで代替品を買いに行きました。

“Podcast 2021年度 エピソード13 葬儀社のUSPパート2” の続きを読む

Podcast 2021年度 エピソード12 葬儀社のUSP

広告

葬送ビジネスポッドキャスト エピソード12 「葬儀社のUSP」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です

死に方改革研究者 及び 旅のデザイナー 、あの世への旅です。

今日は 2021年7月2日 です

葬送ビジネスポッドキャスター 和田裕助

前回のお話、エピソード11は「フューネラル・ビジネス・フェア2021」でした
やはり2年ぶりの開催で同窓会的なイメージもありました。
さらに、やはり2日間というのは3日間より負担が少ないので全力投球しても企業のリカバリが早い。

今回のお話はUSP(Unique Selling Proposition)です。

まず、USPのP (Proposition)とはなにかから説明しないと難しいですよね。

プロポジション→プロポーズなんです!!!

これは提案という意味です。


駅構内や商店街の角にある床屋さんのQBハウスを見たことがあると思います。

男性なら意識されたことは必ずあるかと思います。

1000円カット!

はい、1000円です。(多くが今、税込みでもう少し上がっているけど)

青、黄色、赤で混雑具合を知らせているところ。

美容室での女性版もありますよね。

なぜ1000円で出来るのか。

無駄を省くということです。

シャンプー、リンスが必要ないというお方もいらっしゃいます。

単なる、ササッと枝毛をカットしたり、男性も女性も髪を整えたりするだけで身だしなみがアップできる。

男性なら、さらにひげ剃りを省くとかもあります。
あとはあの吸引器で髪の毛を切りながら吸い取るだけです。

吉野家の牛丼も「早いの、美味いの、安いの」で売り出しました。

無駄を省いて合理性を追求したことです。

“Podcast 2021年度 エピソード12 葬儀社のUSP” の続きを読む
%%footer%%