死ぬまで楽しく、笑顔で葬儀

広告

ってどれだけの人が共感を得るか?

そう、お客さんは千差万別で事情もそれぞれあります。
大往生と言っていい人もいれば、突然不慮の事故で家族や愛する人を失う人もいます。

結論から言います
「ストーリーづくりには意外性と結論が大切」

それをすべて取り扱うのが葬儀屋さんです。
その手前には宗教家がおります。
仏教、キリスト教問わず、人生の終わりを告げる、つまり「引導を渡す」ということを宗教家はします。
それは亡くなった人へ向けてというのと尊い人を失った方々へにも。

考えて見てください
葬儀屋さんは業務的に仕事を進めねばなりません。
もちろん、お寺も神父さん、牧師さん、神主さんなどの神官なども、お仕事となります。

葬儀屋さんや宗教家にはすべてが一緒の世界ですが

ご葬儀をなさる家族には初めての出来事だったり、その人はその人の人生があり、みんな違います。

葬儀屋さんはそれを理解せねばなりません。

誰しもよい葬儀を出すには、葬儀屋さんがそれなりに仕組みを作り上げる必要があります。

それがストーリーなんです。
でもどんなストーリーでもいいわけではありません。

子どもが「お母さん、なにかお話をして」って言ったとき、あなははどうしますか?


当社の公式LINEアカウントは jFuneral 検索できます
ぜひお友達ご登録ください


LINE ID: jFuneral

公式LINE登録者さんへは、無料オンライン個別相談タイムを1時間設けます

“死ぬまで楽しく、笑顔で葬儀” の続きを読む
%%footer%%