日: 2018/06/22

宗教家とはどういう人なのか

投稿日: 更新日:

昨夜(2018/06/21)、私が所属し、常任理事を務める日本葬送文化学会の定例会にて久しぶりに柴田千頭男先生の講演を聞くことが出来ました。
先生のお話を伺うのは12年ぶりです。

当時(2006/11/29の定例会)でキャロル・サック先生をご紹介いただき、葬送と音楽について語っていただきました。

(このスクリーンショットは私の個人アーカイブより)

 

今回の定例会の内容は:

6月定例会のご案内「マルティン・ルターの生と死」~宗教改革500年にちなんで~柴田千頭男

柴田先生は今年で御年90歳になります。
当時12年前よりも眼光が鋭く、全く衰えを見せないお方で驚きました。

元ルーテル学院大学教員で現在日本葬送文化学会名誉会員柴田千頭男先生

続きを読む »