Daily Archives: 2018/07/20

国内の木材を使った東京の棺メーカー、染木商店

日本の棺には寝棺と座棺がありました。 寝棺はご遺体を寝かせて納めるもので、座棺は座らせて(ご遺体を死後硬直する前に体育座りさせて結く)納めて埋めるものです。 座棺は昭和のはじめころまで使われていた記録があります。 ウィスキーの樽みたいなものを想像して欲しい。 しかし、地域によっては昭和の40年の半ばまで使われていた場所すらあります。 何故、私がそれを言えるかと言うと、昔、実家のスタッフがあるお客のところへ納棺しに行ったら、ご年配の方がご遺体をぐるぐる巻きにして結いてしまい(もちろんすでに死後硬直)解くのに大変苦労したからです。さらにそこはまだ土葬していたので! そんな中、昨夜(2018/07/19)の日本葬送文化学会定例会にて当会員でもある染木商店さんが国産の木材を使った棺に関して棺桶職人としてのお話をしてくださいました。 染木商店さんは現在三代目で祖父の時代から行っているとのことです。 創業は大正10年(1921年)にてご尊父様が独立されて今の会社があるとのことです。 私の実家同様に法人化は昭和の40年台になってからです。

Posted in 学術 | Tagged , , , , | Leave a comment