日: 2016/02/18

岐阜の葬儀社、葬儀の目的と価値は?

投稿日: 更新日:

昨夜、日本葬送文化学会定例会のお話はすごく葬儀社に聞いて欲しかった。

講師のお方は、株式会社メモリアホールディングスの代表取締役会長の松岡泰正氏でした。
メモリアホールディングス社さん、実はそれほど古い会社ではありません。
2000年に創業、現在16年目、しかし年商30億円以上(40億円に近いとのこと)。
M&Aを繰り返して、コンサルティング、FC化、式場を展開、更にウェディング、そして見守り隊事業も。

会長の松岡氏は数少ない日米のNLP協会の会員だけではなく、講師でもあり、更に日本ドラッカー協会の会員でもある。葬儀に心理学を用いて、人の行動学を研究し、大きく成長させたと。
しかし、その成長も最初から平坦な道ではなかったと。起業した時、最初の三ヶ月間は仕事はナッシング。そりゃ、そうです。葬儀社が出来ました。明日から仕事が来るわけでもありません。営業活動せねば。
そこでポスティングをずっとやって、社員からは「ポスティング会社に務めたわけではありません」とまでトホホなことを言われて、やっと葬儀が。それでも最初の電話は「どうしてうちのオヤジが危篤だとわかったんだ!」と勝手な言いがかりを付けられたクレーム。( ´Д`)=3 ハァですね。

続きを読む »