友人のポッドキャスト番組に出演しました

広告

TOKYO WAVEと呼ばれるポッドキャストにゲストとして参加しました

Tokyo Wave Episode 89

超日本びいきの外国人目線で日本大好きな人たちによる海外へ送る日本の出来事の番組です。

収録中、吹きそうになったのが、免許証を偽造して(公文書偽造罪)で出会い系のイベントに年齢を偽って何度も参加した愛知県豊田市の人が捕まったとか。
参加に年齢制限あるの?
逆にパパ活すればいいちゃう?って思ってしまいました。ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

ってことで色々な話題豊富な番組です。
ぜひご登録を!

PodcastはSpotify:

iTunes:

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/89-the-reaper/id1504832015?i=1000552203710&l=en


Podcast 2021年度 Episode 27 「お葬式のマーケティングの難しさ」

広告

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード27 「お葬式のマーケティングの難しさ」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。
今日は 2022年2月22日、日本の猫の日です。

前回は16日の水曜日に投稿しました。

ポッドキャストが消えた!と判明した日でした。

エピソード26は顧客に選ばれるにはという内容でした。

ファンづくりは基本的に感動を与えるという結論でした。
葬儀屋さんは感動労働者であることを忘れてはなりません。

葬儀・葬送ビジネス ポッドキャスターの和田

ちょうど一年前にここの投稿でお話ししました。
リンクを貼っておきます。

今日のお話は「お葬式のマーケティングは難しい」という内容です。

誰しも思いますよね
葬儀屋さんってどうやって営業するのか
昔は新聞の折込広告でした。
今でもポスティングをしています。
昨今、タウンページも見なくなりました。
あそこを利用している人はほとんどいないのだろうと思うくらいです。

今はネット広告の時代です。
テレビで宣伝していても、意味ないです。


昔、NTTのタウンページの営業の方が「和田さん、カラーにしませんか?皆さんカラーになって目立ってきましたよ」って

“Podcast 2021年度 Episode 27 「お葬式のマーケティングの難しさ」” の続きを読む

Podcast jFuneral 番外編 Apple iTunes Podcastから消えている!

広告

皆さま、大変申し訳ございません。

Appleが何かをして私の jFuneral.com のポッドキャストが iTunes から見えなくなってしまいました。

配信がゼロになっているどころか存在しない・・・

BANされたわけじゃないのですが、全部消えた・・・
なぜだかアナリティクスは見えるけど、配信(Feed)が消えている!!!

お聞きされる場合、SoundcloudかSpotify からのご登録をお願いいたします。

Rotten Apple Photo by Mizzu Cho on Pexels.com

Spotifyはこちらから登録が可能です。よろしくお願い申し上げます。

Podcast 2021年度 エピソード26 「顧客に選ばれる葬儀屋さんは」

広告

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード26 「顧客に選ばれる葬儀屋さんは」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。
今日は 2022年2月16日 です。

前回は13日の日曜日に投稿しました。
バレンタインデーも終わり、みなさん落ち着きましたでしょうか?
私の従姉妹は14日に生まれたので、プレゼントをもらうどころかチョコ配りで泣いてました。

そもそもバレンタインデーもホワイトデーもチョコ(製菓産業)のマーケティング(陰謀)です。

葬儀・葬送ビジネス ポッドキャスターの和田です

葬儀業界にはそんなこと(陰謀論)があるのか?

エピソード25はファンになってもらうにはどうしたらよいのかという内容でした。
それには感動を与えるという結論でした。
今日のお話は「選ばれる葬儀屋さんになるにはどうするか?」をもう少しツッコミを入れた内容です。

そもそも「感動を与える」というのはどういうことでしょうか?

昨今、お葬式の規模が小さくなってきました。
理由の一つが核家族化と少子高齢化で老老介護時代に突入しているから、すでに現役の人はほとんどおらず、盛大に葬儀をすることがなくなってしまいました。

更に経済の悪化でこの30年間、成長が止まってしまいましたのとコロナで追い打ちをかけるように更に後退。
複数の要因が重なってしまい、小さいところから大きいところまで、ダメージが全体的にあります。
つまり、一般的に葬儀に充当するおカネがなくなったということです。
そして最後に価格競争に走ってしまったからです。

“Podcast 2021年度 エピソード26 「顧客に選ばれる葬儀屋さんは」” の続きを読む

葬儀屋さんって今後どうなの?

広告

葬儀屋さんの未来を考えてみた

そんなこと言っていいのかな?

そもそも炎上内容ではないし、タブーじゃないから大丈夫(笑)

実は、コロナ禍になって、お葬式をしなくなった家庭がかなり増えています。

お葬式をしたくてもできない、
お葬式をしたくない、
お葬式を普通にする、
お葬式を大々的にする、

お葬式は世間体があるからする、
小さい規模のお葬式ならする

こんなタイプの人たちがおります。

YEY Business お葬式ビジネス今後

ではお葬式を執り行う、葬儀屋さんはどうなのだろうか?

葬儀屋さんはハッキリいうけど厳しい。

勝ち組と負け組の両極端に別れるだろうという業界意見なんです。

では数をやっているのが勝ち組か?

昔みたいに月に2〜5件くらいの仕事で1ヶ月どころか半年、下手したら1年も食べていける(極端だけど)仕事はもう存在しない。

“葬儀屋さんって今後どうなの?” の続きを読む

Podcast 2021年度 エピソード25「顧客にファンになってもらうには」

広告

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード25 「顧客にファンになってもらうには」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネスポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。
今日は 2022年2月13日 です。

前回は2週間前の1月28日でした
1月も終わり、すでに2月中旬。
しかも明日はバレンタイン・デー。
チョコにも閑散期と繁忙期のマーケットがあります。

葬儀・葬送ビジネス ポッドキャスターの和田です
https://yuusukewada.com

お葬式には閑散期も繁忙期もありません。
だからこそ葬儀社はファンづくりが大切です。

客がファンになる意味は何か?
なぜファンになるのか?
どうやったらファンにできるのか?

そもそもファンとはなにか?
ファンの定義というのは。

一般的には、競技や演劇、選手や俳優に対する熱心な愛好家ですが、企業にも当てはまります。

“Podcast 2021年度 エピソード25「顧客にファンになってもらうには」” の続きを読む

社長ランチ インタビュー復活 20211111

広告

今回のインタビューは個人投資家で子どもたちの未来を考えてくださる、奥野道子さんです。

ちょっと時間が経ってしまいました。
2021年11月4日にインタビューした、個性心理學研究所 Tinkerbell支局の小倉支局長のご紹介です。

子どもたちへの未来はどうするかと真剣に考えている奥野さんです。

奥野さんは子どものころから大勢の人たちと暮らす中、日本が昔から持続性社会が存在していることに気づき、それをどう今の子どもたちに受け継いでもらえるか考えています。

つまり、子どもたちへの投資家です。

子どもへ投資することで未来が開ける。
そして、社会もよくなり、老後も全員が安定するだろうと。
ご自身も貧困の生活をしたことがあり、アップダウンの厳しさを知っているからこそ、子どもたちにおカネのことをもっと真剣に学んで欲しい。

“社長ランチ インタビュー復活 20211111” の続きを読む
%%footer%%