おくりたたみ by 極東産機

広告

フューネラルビジネスフェア 2015/06/08

フューネラルビジネスフェア 2015/06/08

数年前のフューネラルビジネスフェアにて私が紹介しました「おくりたたみ」を出荷している極東産機株式会社さん、今年は更にパワーアップしてフューネラルビジネスフェアに参加されてました。

「おくりたたみ」が日本人に受け入れられているのは、「人生最期は畳の上で」と言う意識があるから。そこにビジネスチャンスを発見。

これは3年前のフューネラルビジネスフェアでの映像です
https://www.youtube.com/watch?v=rN0DVE41dKM

さて、今回は畳がない場合とある場合を展示されてました。

去年からか、全葬連や互助会の案内に広告を載せるようになり、徐々に認知度が高まっているそうです。

毎月5000枚は流れているそうで、年間6万枚とのことです。現在、日本の死亡率は約1%前後で、120万人。そこの5%くらいの人たちがご利用されている計算になります。

実は、葬儀屋さんもこの畳があるのとないのとで作業が大違いです。
納棺を一人で担当し、遺族の手を利用する場合、この畳はもの凄く評判た良いはずです。
何故なら、遺族がシーツを掴んで、故人さまを棺に納めた時にドスン!と言うのではなく、畳に柔らかくご遺体を置くことが出来るから、葬儀屋さんとしても安全マットみたいなモノでもあります。

シーツを掴んで4〜5人でご遺体をそっと棺に納めることは意外と楽ではないのです。
そんな時の緩衝材にもなります。

フューネラルビジネスフェア2015

広告

本日からパシフィコ横浜にて綜合ユニコム主催のフューネラルビジネスフェアが開催されました。

お話を伺ったところは個別にご紹介いたします。

この数年で葬儀業界が大きく変わろうとしています。
葬儀社が思っている以上に一般の人たちは情報を得ています。
しかし、それが正しい情報かどうかは違います。
何故なら、地域によって、もの凄く差があるからです。

その地域差と言うのが葬儀の差別化と区別を作る時代でもあります。
隣の町の葬儀とは違ったり。

私が今回訪れて、霊柩車はあったけど仏壇屋さんがない、白木の祭壇屋さんがない、今までのパラダイムが変わったと言うのが確実にわかりました。

明日も参加します。

35.4585139.6359

香典の相場

広告

明日から二日間、綜合ユニコムが主催する「フューネラルビジネスフェア」がパシフィコ横浜で開催されます。そこには多くの企業が集まって、葬儀と言うのはどう言うものかを展示します。
湯灌(ゆかん)、納棺、祭壇、骨壷、手元供養品、外食産業、生花・造花やその他付帯品を多く展示しております。

しかし、いつも気になるのがお布施と香典の額ですよね。
葬儀を自分で執り行うことよりも、他人や知人の葬儀に参列することのほうが多いのは数の論理。

そこで、ちょっと良い目安の投稿を発見しましたので紹介します。

http://news.mynavi.jp/news/2015/06/02/447/

葬儀と言うのは、亡くなった人を中心に近親者になればなるほどお香典の額が大きくなると思ってください。それは、その葬儀に負担すると言うことですから。

参列者は、地域によって「直会」(なおらい)と言う通夜の後(地域には葬儀の参列を待っている時にでも振る舞う)振る舞いのお食事と礼状と粗供養品のお礼、そして香典返しのための負担金とも言える金額を支払ってます。

“香典の相場” の続きを読む

日本葬送文化学会

広告

私が所属している日本唯一の葬儀をまじめに勉強している団体、「日本葬送文化学会」の総会が明日、上野の東京文化会館で行われる。

最近は常任理事としてまともに出席するようになり、私が持つICTの知識でこの学会の運営や参加を楽にするとは言わないが、多くに知ってもらうように心がけている。
ここは、「日本葬送文化学会」になる前に「葬送文化研究会」と名乗っていて、我々は通称「葬文研」と呼んでいて、未だにその名残があり、仲間内では「葬文研」と呼んでいる。

その学会が、来年30周年を迎えることになり、今年度の予算で運営する予定だ。
どこで何をするかはまだ決まっていないが、1月ころにイベントを開催したいみたいなので、今から動いておかないと大変なことになりそうだ。

この21世紀の葬儀文化には何が必要か、そして何が不要か改めて考える必要がある。
今までは文化を研究することは過去しか見なかったが、これからどう進めたいか考えることが大切であり、それが我々一人ひとりの常任理事の課題でもある。

%%footer%%