Podcast 2021年度 エピソード23 成功した葬儀社

広告

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスト エピソード23 「成功した葬儀社」

今日は 2021年11月29日 です。

前回が26日の朝にアップしました。
そして、前回の内容が「ソフト(役務)のライフサイクル」でした
葬送儀礼のライフサイクルです。

今の葬儀の仕組みは戦後の仕組みで、冠婚葬祭互助会が作り上げた内容と言っても過言ではありません。

何故ならば、互助会システムで祭壇、飲食、香典返しで大きく利益を取ろうという仕組みになっているからです。もちろん、これに追従した一般の葬儀屋さんも同様ですが、社会がそれを望んだというのもあります。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

戦前までは、地域一帯で葬儀を上げていたから、みんなが持ちつ持たれつの仕組みだったからですが、実際、高度経済成長により、そこまで手が回らなくなったという社会の変化もありました。

さて、今回の話は「成功した葬儀社」です。

成功した葬儀社の前に「成功」とは、そして「成功するには」を考える必要があります。

まず、「成功」の定義を考えたいかと思います。

広辞苑では

① 目的を達成すること。事業などをなしとげること。 
② 転じて、地位や富を得ること。
③ 事業を成就した功績。

広辞苑

と書かれています

実は、企業の成功には微妙なところがあります。
私は以前、プリンタやコピー機の開発を行ってきました。

① モノは大量に売れたけど、利益はあまりでなかった。
② モノは少数売れたが、利益は多くあった。
③ モノは売れなかったが、製品を作ったときに出した特許がヒットした
④ モノは大量に売れたけど、他社の特許に触れて大赤字になった。
⑤ モノは売れなかった、利益も出なかった。
⑥ モノは売れたがリコールで最終的大赤字

このようなパターンをいくつか企業内で経験してきました。

“Podcast 2021年度 エピソード23 成功した葬儀社” の続きを読む

Podcast 2021年度 エピソード22 ソフト(役務)のライフサイクル

広告

今日は 2021年11月26日 です。

ほぼ2週間半ぶりの正式更新です
そして、今日は新しいマイクロホンを利用して収録しています。
オーディオテクニカ AT2040 ダイナミックマイクです。

前回が11月9日でお葬式仏教と葬儀屋さんとの関わりでした

お葬式は要らないのではなく、お葬式は死者を弔う儀式に戻す必要があります。
そこでは、やはり僧侶の知恵と力が必要かと思っています。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

私がよく聞くポッドキャストの一つをご紹介します。

FM大阪の「サタデーナイト仏教」という番組です。
これがまた面白いんです。
宗派問わずに色んな切り口から仏教を紹介しています。
リンクを貼っておきますので、ぜひお聞きください。

https://www.fmosaka.net/_sites/16783385


葬儀屋さんもそうですが、お寺も同様なことが言えます。

ご存知ですか、葬儀社がカフェとか併設しているのを。
実は最近ちょっと流行っているみたいです。
私は遭遇したことないのですが、うちでもコンビニではないけど、カフェをやりたいなと。

今では坊主バーやレストランがあります。
築地本願寺でもツムギカフェをやっていますよね。
あの感じです。

“Podcast 2021年度 エピソード22 ソフト(役務)のライフサイクル” の続きを読む

社長ランチ インタビュー復活 20211104

広告

今回のインタビューは「個性心理學研究所 Tinkerbell 支局の支局長 小倉美月さん」です

約2ヶ月ぶりのFCCJ社長ランチインタビューです。
今日のゲストはとても愛情深い支局長の小倉さまです。

まず、個性心理學というのはなにか?

実は、私も個性心理學研究所のGENESIS支局の支局長を努めております。

個性心理學とは、人々を幸せにする学問です。

「學」

なぜ、このガクなのでしょうか?
これは、人の脳には右脳と左脳があるからです。

人の行動は右脳と左脳によって行動が変わります。

個性心理學は四柱推命学をベースにした人間行動学です。
運命と宿命を考える上に、自分がどのような人生を送るか、そしてどのような行動を行ってきたのか、そして行うのかを研究するものです。
そして、運気を知り、活用することによって自分の人生設計を築き上げていきます。

人々には別名「動物キャラナビ」または「動物占い」とも呼ばれていますが決して占いではなく統計学に基づいた人間行動学及びコミュニケーション能力向上ツールです。

“社長ランチ インタビュー復活 20211104” の続きを読む

Podcast 2021年度 エピソード21 お葬式仏教と葬儀屋さん

広告

昨今「お葬式仏教」と呼ばれながらお寺さんとのつながりがすごく薄くなってきています。
その中で葬儀社もお寺さんとの関わりを考えねばならない時代がより強くなりました。

まず、このポッドキャストエピソードでは、深掘りをしていないと「防衛線」を張ります。
なぜなら深掘りをすればするだけ、この話題は論文が書けるからです。
今回の目的はそこではありませんので。

葬儀・葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

さて、今回はBGMの始まり方を変えました!
今日は比較的雨が降って寒い日でした。

今回はお葬式についてお寺さんも葬儀屋さんも困っている時代に突入。
お葬式とお寺は切っても切れない縁です。
とくに日本の文化では、盆暮れ彼岸などは必ずお寺と関係がある文化と生活があります。

今、コロナ禍で葬儀が簡素化されただけではなく、小規模になりました。
実際、昔からそうしたいという人たちがおりました。
「葬式仏教」というのは実は70年代からこの用語があったみたいです。

「葬儀は要らない」という文言も最近ではありません。
島田裕巳(ポッドキャストでは「ヒロユキ」さんと言ってしまいました(失礼いたしました)が葬式が要らないと言う本まで出しています(私もその本を持っています)。

お寺さんの知恵というのをより多く取り入れることが大切です。
伊達に修行しているわけではないのです。

“Podcast 2021年度 エピソード21 お葬式仏教と葬儀屋さん” の続きを読む

お寺と葬儀社のマーケティングは似ている

広告

たぶん、多くの葬儀社の方々が気づいていらっしゃらないと思うのは、お寺に親戚がいないからかな。
実は私の従兄弟が横浜のお寺の住職をしています。
彼は真言宗高野山派でが、どの宗派も関係なく今、お寺の維持管理で難しいかと。

築地本願寺

どうするお寺、どうする葬儀屋さん?

さて、今日のお話は葬儀屋さんのマーケティングと似ているのは「客よ、来い!」とは大っぴらに言えないし、客なのか弔問客(これも「客」)、ご門徒さんなのか・・・という議論が根強い。
更に役務は英語ではServiceという。

今回の話はそこの表面だけを話したいと思います。

“お寺と葬儀社のマーケティングは似ている” の続きを読む
%%footer%%