Podcast jFuneral Season 3 Epsiode 8 「コモディティとなった商品をどう売る」(アイデアを形にする)

広告

コモディティとなった商品をどう売る

まずセールスとマーケティングの違いを考えたい
セールスというのは商品を売ることにある
対象が「モノ」である
マーケティングは人へ伝える行為である
対象が「顧客」つまり「人」である
つまり、「売る」行為と「売れる」行為の違いである

さて、ここでコモディティとなっている類似品が多く存在するところでどう売るか?
これはブランディングする場合、重要である
ブランディングがない場合はもっと重要である。

チョコの世界を考えてみよう
日本の森永や明治、韓国のロッテがいる日本の市場でゴディバやリンツが戦うのと一緒である。
しかも、ゴディバはカフェまで東京八重洲地下営業しています。
リンツもアウトレットはあるが、そこらじゅうにポップアップストア以上の展開をしています。

コモディティの市場で勝負するには強力な訴求力が必要である。
つまりインパクトだ。

「アイデアを形にする作業」シリーズ

LEGO社も同様で似たブロック型のおもちゃが出てきた
そして今ではTVゲームやケータイゲームもある。
それどころか、他の娯楽(YouTubeやNetflixなど)もある。
それに興味を持っていない大人も子どももほとんどいない。
YouTubeは何をするにも教育や知識を得るための土台として活用されている。

“Podcast jFuneral Season 3 Epsiode 8 「コモディティとなった商品をどう売る」(アイデアを形にする)” の続きを読む
%%footer%%