Podcast jFuneral Season 3 Episode 02 「会社を辞めたら」(アイデアを形にする)

広告

葬儀・葬送ビジネス マーケティング ポッドキャスト シーズン3 Episiode 2 「会社を辞めたら」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネス及びマーケティングポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。

葬儀社以外に一般の人へもアイデアを形にするマーケティングのお手伝いをするポッドキャストです

今日のお話は「あなたが会社を辞めたらどうなるか?」

だいぶ前になりますが、オックスフォード大学のマイケルオズボーン准教授がAIが進んだら色々な人が職を失うという論文で話題に上がりました。

あれは2013年に出てきた話で、コンピュータが人間の仕事を置き換えると。

そのとき、なくなる仕事は弁護士などの士業の人たち、一部の教師、整備士、医者、役所の職員、運転手、作業員、そしてトップが営業の人たちなどと言われました。

https://robo-school.net/future-of-employment-wayaku/

いわゆるプロフェッショナルの人たちです。

テーマは「アイデアを形にする作業」

Podcast jFuneral Season 3 が始まりました
オックスフォード大学 (雇用の未来)

私は、現在都内にある、AI(人工知能)を開発している会社の営業顧問をやっています。
その中で、AIの進み具合を目の当たりにしていますが、まだまだだなと。
しかも、AIと言っても、まだ万能ではないし、A社のAIはこれが得意だが、こっちはダメだとかあります。

B社はA社よりも劣っているが、C社とのコラボでA社の得意分野よりも賢いとか、そういうのもあります。
一長一短ですし、しかも日進月歩。

そんな中で、AIは2040年くらいになれば人類の知識と知恵を超えるようになるだろうと言われています。

コンピュータの世界では1. 5年(18ヶ月)くらいで倍の集積度になるというMoore’s Lawがある。
そこには処理能力も関わってきます。
量子コンピュータを除けば、これは2022年でもまだ健在だと思います。

そして、2013年からすでに9年は経っていて、今はどうだろう?

“Podcast jFuneral Season 3 Episode 02 「会社を辞めたら」(アイデアを形にする)” の続きを読む
%%footer%%