Podcast  jFuneral Season 3 Episode 25 「人工知能に同意文が作れるか」(アイデアを形にする)

広告

セールスレター(広告)を書けばいいんだろ!って思われがちですが、ちょっと違います。
ただ書くだけなら、今の時代は人工知能に任せることができます。
実は、素人よりも人工知能に書かせたほうがずっといい文章が出来上がる時代です。

「人工知能 文書作成ソフト」とGoogleで検索してみてください。

色々と出てきます。
こうなりますと、ライターの仕事を奪うのではと危惧されます。
こういうのを使うメリット・デメリットがあります。

まず、本当に目的に見合っているのか。
コストパフォマンスが一番きになりますよね。

「アイデアを形にする」シリーズ

つまり、あなたの書いている分野は人工知能によってマイニングされているのか?

ようするに、それだけのデータがその人工知能システムに保管されているのか。

例えば、あなたはスポンジだけの研究をしていて、そのデータを蓄えてあるデータが社内にあるとしましょう。だが医療の「い」の字のデータが存在しない。

医学系のインターンがそれを人工知能につないで相互関係を作り出そうと。

しかしそのデータベースはスポンジのことしかないので、出来上がった内容は想像以下になる可能性が高いわけです。

もちろん、論文の書き方に沿って書かれているからまともな論文に見えてしまうことさえあるが、内容的については、ハテナ?ということになりかねない。

“Podcast  jFuneral Season 3 Episode 25 「人工知能に同意文が作れるか」(アイデアを形にする)” の続きを読む
%%footer%%