Podcast jFuneral Season 3 Episode 07 「事業の流れを考えてマーケティング」(アイデアを形にする

広告

葬儀・葬送ビジネス マーケティング ポッドキャスト シーズン3 Episiode 7 「事業の流れを考えてマーケティング」

マーケティングをする前の段階の話をすると、事業そのものを考える必要がある

事業というのはどういうものか再度おさらいしたい

事業そのものは大きさにより複雑さも変わるし、関わる人も変わってくる
それどころか、どこまで自社以外の人を巻き込むかなども議論になります

「アイデアを形にする作業」シリーズ

まずは 1. 企画から始まる
そして、2. 商品の開発
3. 開発したものを製造(つまりラインに乗せる)
ソフトウェアならその場で流通形態を考える
4. 出来上がったものを販売するのに、どう発表するか

つまりPRです
実はこれがマーケティングである

5. そして販売し収益を上げる

成功、失敗の結果はあとからついてまわる
これに関しては、「Podcast 2021年度エピソード23 成功した葬儀社」を聞いていただきたい。

“Podcast jFuneral Season 3 Episode 07 「事業の流れを考えてマーケティング」(アイデアを形にする” の続きを読む

Podcast jFuneral Season 3 Episode 02 「会社を辞めたら」(アイデアを形にする)

広告

葬儀・葬送ビジネス マーケティング ポッドキャスト シーズン3 Episiode 2 「会社を辞めたら」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネス及びマーケティングポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。

葬儀社以外に一般の人へもアイデアを形にするマーケティングのお手伝いをするポッドキャストです

今日のお話は「あなたが会社を辞めたらどうなるか?」

だいぶ前になりますが、オックスフォード大学のマイケルオズボーン准教授がAIが進んだら色々な人が職を失うという論文で話題に上がりました。

あれは2013年に出てきた話で、コンピュータが人間の仕事を置き換えると。

そのとき、なくなる仕事は弁護士などの士業の人たち、一部の教師、整備士、医者、役所の職員、運転手、作業員、そしてトップが営業の人たちなどと言われました。

https://robo-school.net/future-of-employment-wayaku/

いわゆるプロフェッショナルの人たちです。

テーマは「アイデアを形にする作業」

Podcast jFuneral Season 3 が始まりました
オックスフォード大学 (雇用の未来)

私は、現在都内にある、AI(人工知能)を開発している会社の営業顧問をやっています。
その中で、AIの進み具合を目の当たりにしていますが、まだまだだなと。
しかも、AIと言っても、まだ万能ではないし、A社のAIはこれが得意だが、こっちはダメだとかあります。

B社はA社よりも劣っているが、C社とのコラボでA社の得意分野よりも賢いとか、そういうのもあります。
一長一短ですし、しかも日進月歩。

そんな中で、AIは2040年くらいになれば人類の知識と知恵を超えるようになるだろうと言われています。

コンピュータの世界では1. 5年(18ヶ月)くらいで倍の集積度になるというMoore’s Lawがある。
そこには処理能力も関わってきます。
量子コンピュータを除けば、これは2022年でもまだ健在だと思います。

そして、2013年からすでに9年は経っていて、今はどうだろう?

“Podcast jFuneral Season 3 Episode 02 「会社を辞めたら」(アイデアを形にする)” の続きを読む

Podcast jFuneral Season 3 Episode 01 「想像力と論理思考」(アイデアを形にする)

広告

葬儀・葬送ビジネス マーケティングポッドキャスト シーズン3 「シーズン3がスタートします–アイデアを形にする作業」

こんにちは、今のところ、日本でたった一人の葬儀・葬送ビジネス及びマーケティングポッドキャスター 有限会社ワイ・イー・ワイの和田です
死に方改革® 研究者 及び 旅のデザイナー® 、あの世への旅です。

今日、4月1日からシーズン3が始まります。

前回、3月23日のポッドキャストでお伝えした通り、路線を変えて、葬送ビジネス・マーケティングからもっと幅広いマーケティングの話をするとお伝えいたしました。

テーマは「アイデアを形にする作業」

Podcast jFuneral Season 3 が始まりました

葬儀社で一番難しいのは葬儀という役務の変化です。
コロナのせいでくすぶっていたお葬式不要論が一気に花を咲かせてしまいました。

それでは、葬儀屋さんもそうですが、付帯する業者はビジネスを どう組み立てるか考える必要性がより求められてきました。
組み立ては、Step by Step です。

必要なのは想像力と論理思考です。

想像力はアイデアを作る。
論理思考は実現化させるための工夫。

“Podcast jFuneral Season 3 Episode 01 「想像力と論理思考」(アイデアを形にする)” の続きを読む
%%footer%%